土方十四郎の特徴と性格をまとめてみた。極度のマヨラーなニコチン中毒【銀魂】

土方十四郎は、人気アニメ「銀魂」のに出てくる真選組のナンバー2です。 2015年4月からアニメの4期も放送が決まりましたので、これまでを振り返る意味で彼の性格・特徴についてまとめてみました。 名前の由来は本家新撰組の土方歳三からとられています。身長177cm、体重64kg、武州出身で20代半ばの設定、アニメ版のキャラクターボイスは中井和哉さんです。 江戸の治安を守る真選組の「鬼の副長」として法度をつくり隊をまとめています。

1.ニコチン中毒

戦いの最中も煙草を手放さないほどのニコチン依存症で、江戸中に禁煙令が出されたときは、宇宙船に乗って他の星まで煙草を吸いに行ったほどです。(アニメ119話)

このエピソードの後禁煙に挑戦しますが、すぐに断念してしまったようです。

ちなみに愛用のライターはマヨネーズの容器型になっています。

2.極端なほどのマヨラー

煙草とともに欠かせないのがマヨネーズです。

アニメ27話でカツ丼に山盛りマヨネーズを乗せた「土方スペシャル」を沖田と銀時に奢ったが、銀時には鼻○そをトッピングされ、沖田には犬のえさ呼ばわりされてしまいました。

しかし本人は構わず、ごはんに限らず焼きそばや団子、コーヒーにまで山盛りかけて食べています。

マヨネーズ工場見学チケットが当たる!というイベントの際には真選組で1人1日5マヨ消費を追加法度として出し、屯所内のシャンプー・歯磨き粉や井戸水までマヨまみれにしたほどです。

3.フォロ方十四フォロー

真選組の頭脳と言われている土方は、変人揃いの銀魂メンバーの中では常識派です。

上にも下にも問題児を抱え方々にフォローする日々、土方にフォローできないことはないと、126-128話の「文通篇」で文通相手との手紙内容に悩む新八から相談されたときにその名が付きました。

4.バラガキと呼ばれた過去

真選組の局長である近藤とは同じ武州の出身の土方ですが、近藤に出会うまではバラガキ=触れたらイバラの棘が刺さりそうな暴れん坊と呼ばれ周囲の侍から目をつけられていました。

信頼できる大将に出会い今のように落ち着きますが、仲間のためにはいつでもバラガキに戻れる熱い男です。

5.銀時の良きライバル

本作の主人公銀時とは似た者同士で、顔を合わせるたびに喧嘩してしまいます。

どちらもオバケと歯医者が嫌いで、普通とは違う味覚の持ち主です。

仲が悪いように見えてお互いの実力は認め合っている様子で、真選組の決死の依頼を銀時が受けたり、両手を手錠でつながれた状態で攘夷集団を壊滅させたり(アニメ166話)と息の合ったところを見せてくれます。

特徴でまとめたため少しお笑い的な内容が多い紹介になってしまったと思います。

でも基本的には真面目で熱くてクールな男、そして真選組一のモテ男である土方はかっこいい男です。

紹介しきれなかった中にも、沖田の姉みつばとのエピソードや、妖刀に取りつかれてトッシーという別人格に乗っ取られたエピソードがあります。

このトッシーも出てくる「真選組動篇(アニメ101話~105話)」ではかっこいい土方を見ることができるので、未見のかたは見てみてはいかがでしょうか。

エムキャス