仄シリーズがクローンだけど皆かわいい!見た目が同じでも性格はバラバラ【シドニアの騎士】

シドニアの騎士の11人姉妹と言えば仄シリーズ。彼女は見た目も容姿も同じ、非常に見分けが困難な姉妹です。クローンなので当然と言えば当然ですが…。 クローンとはいえ、11人のキャラにも一人ずつ個性があり、それぞれにきちんと名前まであります。声優の喜多村英梨さんが全員を担当しましたが、仄11人を微妙に変化をつけて演じていたのは驚異的です。 ここでは仄シリーズに共通する特徴やアニメに出てきた個々の性格をまとめてみました。

仄は全員訓練生

仄シリーズは11人全員、シドニア軍で衛人を操縦する戦闘要員である衛人操縦士の訓練生です。

クローンとして作られているためか、他の訓練生と同じくらいの年齢と身長などの見た目、知能を有しています。唯一の違いは、実年齢が5歳くらいで、情緒や行動が幼く見えます。

また見た目が同じため、他人には区別がつきません。

どの個体も高い戦闘力を有する

遺伝子操作も受けていて、常人に比べてはるかに身体能力が高い優秀な戦闘タイプです。訓練成績の3位から12位までは仄シリーズが締めているなど、同期の中でも郡を抜いています。

ちなみに3位は仄焔、4位は仄烽、5位は仄炉です。

仄シリーズを見分るには

同じ容姿の11人をどう見分けるのでしょうか。
実は仄シリーズのパンツにそれぞれの名前を小さく書いてあります。

パンツをよく見ればわかります。しかし、常識で考えてそんなことはできません。

ヘルメット等の装備や彼女たちが搭乗する機体に名前が書かれているので、彼女たちご本人以外の他人は記載された名前で判断しています。

仄シリーズの性格

まったく同じ仄シリーズですが、焔と煉、炒の三人には性格的にわかりやすい特徴や見せ場があります。

仄焔は主人公の長道の鉄拳制裁を与える役です。
よく下着や裸を見られるため、吹っ飛ばし担当です。

仄煉は焔のサポート役です。
さらに長道に好意的で、焔が怖がることでもおかまいなしな怖いもの知らずの性格があります。

仄炒は、姉妹の中で一番優秀だと言われるも、初陣で情緒を乱し敵に捕らえられてしまいます。

実は22人いた仄シリーズ

今まで11人と紹介しましたが、実は仄シリーズは更に11人のクローン体が追加されます。

と言ってもアニメに登場するのはその22人の中の一部にすぎないのですが、アニメに登場していない残りの名前はドラマCDで発表されています。

もちろん追加の11人も喜多村英梨さんが担当。
計22人のキャラクターを担当するというとんでもない事になってます。

見ただけでは区別の見当も付かない仄シリーズには、22人とも別々の個性を持っているようです。

作中にところどころ見られる彼女たちの特徴は、作品にも重要な役割を担っていたにちがいありません。

更に注意してアニメを見返してみたら、各々の姿や新たな発見があるかもしれません。

シドニアの騎士は2期も決定したこともあり、また仄達を見ることができます。

装備品やパンツの名前を確認したり、表情や声の調子、リアクション、物語の役割から個性がにじみ出ているはずです。ぜひ、仄シリーズを観察してみてください。

エムキャス