のび太の特技が実はすごい!射撃やあやとりがプロ級の天才!

落ちこぼれ主人公の代表格、のび太。 勉強はできない、運動音痴、身勝手でわがまま。 悪いところをあげればきりが無いですが、そんなのび太にも世界で通用するレベルの特技があります。 今回は、のび太の特技をご紹介します。

特技①射撃

射撃の腕前は世界レベルののび太。
タイムマシーンでアメリカの西部へ行ったときは、本物のガンマンと打ち合い、見事勝利を収めました。

どんなときでも命中率は90%以上。
鼻くそを飛ばしているときに自分の能力の高さに気づいたそうです。

なぜ鼻くそを飛ばそうと思ったのか。

特技②あやとり

特技の2つ目はあやとりです。
「もしもボックス」に「世界中があやとりに夢中な世界」を頼んだところ、日本プロあやとり協会から3000万円の契約金でスカウトされるほど。

暇さえあれば新技の開発にいそしみ、今まで「おどるチョウ」「ギャラクシー」「ほうき星」など、様々な技を開発しました。

ところが、周りからは「役に立たない」と見向きされません。

まぁしょうがないですよね、あやとりはあんまりメジャーじゃありませんし。

ちなみに、なぜあやとりが好きなのかというと「金もかからず、疲れず、腹も減らないから」だそう。

どんだけダルがりやさんなんでしょう。

特技③早寝

三つ目は、皆さんご存知「早寝」です。
「もしもボックス」で「昼寝が競技だったら」と頼んだところ、世界最速早寝記録0.93秒という記録をマークしました。世界で一番早く寝ることができる才能を持っているのです。

結局こちらも何の役にも立ちませんが。
世界記録がかかっている状況でも緊張せずに寝ることができる度胸はかなりのものでしょう。

特技④ピーナッツ投げ食い

ほとんど人に知られていない特技です。
その名のとおり、「ピーナッツを連続で投げて、すべて食べることができる」というもの。

学校でやればちょっとしたヒーローですが、それ以外に自慢できる場所が…。

番外編:2択テスト全問間違い

テストではいつも0点ののび太。
ダメダメな点数ですが、実はものすごい確立で間違えています。

それは全問20問の2択テストでのこと。
普通に考えれば、2択なので50%の確立で正解します。
したがってだいたい50点前後の点数は取れるはずなのです。

ところが、のび太は0点を取りました。
これを確率的に考えれば104万8576分の1になります。

つまり、104万回以上やって1回あるかないかというレベルなのです。

そんなほとんどありえないことをやってしまうのも、のび太の才能なのかもしれません。

意外なところに才能が眠っているのび太。

それでものび太の能力が日常生活で使えないのは、どんな能力があってもやっぱりのび太は落ちこぼれだという設定にしたかったからだそうです。

エムキャス