なぜ花澤香菜さんは人気なのか。その魅力を考察

今やアニメ業界以外でも美人声優と取り上げられることが多い花澤香菜さんは業界トップクラスの人気声優さんです。 2014年アニメ出演本数は21本、アニメ業界以外でも知名度が高まっています。歌手としての活動もソロコンサート・CDデビューも果たし、実写映画の出演で女優としても順調に活動領域を広げています。 自身の冠ラジオ番組では素顔・普段着の雰囲気のトークを繰り広げることで新たなファン層を獲得しています。そんな花澤さんの人気の秘密を探ってみました。

超絶癒しボイスが魅力の根源

オーディション審査員として花澤香菜さんの声を初めて聞いた『ゼーガペイン』の監督・下田正美さんが「超絶癒しボイス」と絶賛したほどの可愛らしい声の持ち主の花澤香菜さん。

誰でもその可愛らしい声を聞いたとき同じような印象を持つでしょう。

長い芸能生活で積み上げられた確かな演技力

花澤香菜さんは幼少時から子役として芸能活動の経験があります。
人気番組であったバラエティ番組『やっぱりさんま大先生』の生徒役、ドラマ『ガッコの先生』などでレギュラーとして出演し人気者の一人でした。

その間に培われた演技力や業界での経験が声優としてもタレントとしての現在の活動に生かされているのは間違いないでしょう。

素顔・普段着の雰囲気のトークが可愛い

素顔の花澤香菜さんは無邪気でマイペースな天然派です。

自身の冠ラジオ番組では普段着で隣のお姉さんとしゃべっているような雰囲気のトークを展開するのでファンは益々花澤香菜さんに親近感を持ちひかれていくことになります。

可愛い天然派ならではの発言

自身の冠ラジオ番組のトークで「夢は生牡蠣に埋もれること」と発言。

2013年2月バースデー直前には「もう24歳になる。どうしよう、鳥になんなきゃ」とぶっ飛んだコメントも飛び出しました。

ここまで来ると花澤香菜さんだから面白い、しょうが無いと受け止めるファンも多くなっています。

役作りを徹底する完璧主義者

『文学少女シリーズ』のオーディション当日に主人公の変人キャラクターを理解しようと紙の原稿を食べる奇行を駅のトイレで実行したり、『劇場版文学少女』の主人公と同じヘアスタイルにするためエクステで三つ編みにしてアフレコに臨んだり、他作品ではショートカットにするなど役への入れ込みようはかなりのモノです。

業界トップクラスの人気声優さんであり、他ジャンルでの活躍も著しい花澤香菜さんですが、その長い芸歴やバックグラウンドを知るとトップクラスの人気は決して偶然や幸運ではないことがわかります。

またインターネットラジオ番組などで素顔・普段着を隠さず披露しているところも益々人気を高めているのでしょうね。

これからもアニメ業界はもちろん芸能界での快進撃は続くでしょう。以上花澤香菜さんの人気の秘密をまとめてみました。

エムキャス