水樹奈々さんの聖地まとめ!武道館からファン歓喜の鈴虫寺まで

美しく力強い歌声はいつまでも聴いていたくなるほどに素晴らしく、声優として歌手として、業界最高クラスの人気を誇る女性声優の水樹奈々さん。そんな彼女に関連した、所謂「聖地」と言われる場所はいくつか存在しています。ここでは人気声優、水樹奈々さんの聖地についてまとめました。

コンサート全般の聖地、日本武道館

水樹奈々さんのみならず、音楽に関わる日本人なら誰もが目指す音楽の聖地、日本武道館。

水樹奈々さんが初めて日本武道館で単独ライブを開催したのは2005年1月2日。今から10年ほど前と言うとかなり昔な気もしてきます。

ご存知、日本武道館は東京九段下に存在する武道場であり、あのThe Beatlesがコンサートを開催した場所としても知られる伝説の地ですね。

声優として日本武道館で単独コンサートを開催したのは90年代に活躍した椎名へきるさんに次いで2人目であり、奈々さんはこの武道館コンサートの前後から加速度的にアーティストとして売れ始めます。
2009年には日本武道館で3日連続コンサートを開催するなど、昔からのファンにとって想い出深い地であるのは間違いないでしょう。

水樹奈々ファンの認知度が非常に高い鈴虫寺

水樹奈々さんがライブ前には成功祈願として必ずお参りするという京都の鈴虫寺。
鈴虫寺と言うのは俗称であり正式名称は妙徳山 華厳寺。

お寺としてはあまり大きくない鈴虫寺ですが、水樹奈々ゆかりの地として訪れるファンは非常に多いです。

お寺にお願いすると水樹奈々さんのサインを拝見することもできます。

厳かな雰囲気も相まってまさに「水樹奈々の聖地」と言える場所ですね。

奈々さんが愛したカレーが味わえる2つのお店!

自他共認めるカレー好きとして知られる水樹奈々さんが愛するカレー屋が東京都港区芝にある欧風カレー ルルマージュ。

テイクアウト・デリバリー専門のカレー屋さんなので店内で食べることはできないのですが、new奈々スペシャルという奈々さんゆかりのメニューもあるのでファンならば一度は食べておきたい一品です。

また、新宿区四谷にあるオーベルジーヌというカレー屋にも奈々さんが愛したカレーがあり(同じくデリバリー専門店なので要注意)、こちらには奈々スペシャルが裏メニューとして存在しています。
やはりファンならば両方を食べておきたいところですね。

京都にあるもう1つの聖地、カリカリ博士 京都錦店

先ほど紹介した鈴虫寺と同じく京都にあるたこ焼き屋、カリカリ博士 京都錦店。

2002年、まだまだ駆け出しの若手声優だった水樹奈々さんがテレビ番組のロケで訪れた店であり、ここには水樹奈々ファンにとって超レアアイテムと言えるモノが飾ってあります。

それはこの毛筆で書かれた書。
左の「笑顔」という書が2002年当時水樹奈々さんが書いた文字であり、右の「絆」は最近になって書かれたそうです。

直筆サインは他の水樹奈々さんゆかりの地でお目にかかれますが、筆で書かれた直筆の書を直に見れるのはもしかしたら世界中を探しても他にないかもしれません。

声優界のスター、水樹奈々を育んだ愛媛県新居浜市

愛媛県新居浜市出身の水樹奈々さんは新居浜ふるさと観光大使としても活動しています。
市内には水樹奈々さんのサインや彼女にまつわる建造物があるなど、やはりファンならば一度は訪れておきたい生地です。

特に注目すべきが「水樹奈々ミュージアム」なる愛称でファンから愛されるマイントピア別子。

2014年に発売された自身30枚目のシングルCD「禁断のレジスタンス」ではこのマイントピア別子でプロモーションビデオが撮影されており、ファンならずとも足を運んでみたくなる聖地かもしれません。

もう10年近くトップ声優として活躍し続ける水樹奈々さんはこれからもその歌唱力で我々ファンを楽しませてくれるのは間違いないでしょう。

歳を重ねて益々歌手として、また人間として味が出てくる奈々さんの聖地まとめでした。

エムキャス