戸松遥さんがヒロインを演じた作品まとめ

人気女性声優・戸松遥さんは持ち前の演技力で数多くのヒロインを演じており、特に売れ始めた2000年代後半には多くの作品でメインヒロインとして活躍しました。ここでは戸松遥さんが演じた数々のヒロインを紹介していきます。

ナギ(かんなぎ)

戸松さんが演じたヒロインはたくさんですが、まずはコレ。
「かんなぎ」のメインヒロインとして登場したナギ様は戸松遥さんの人気を押し上げたキャラクターの1人であることは間違いないです。

本作では主題歌も担当しており、OPテーマ「motto☆派手にね!」は懐かしさを感じさせる名アニソンとして今もファンに愛される1曲です。

ララ・サタリン・デビルーク(To LOVEる -とらぶる-)

「To LOVEる -とらぶる-」に登場するメインヒロインの1人であり、先ほど紹介したナギと共に戸松遥さんを一躍メジャーにした存在であるララ。

デビルーク星の第1王女で宇宙人であるララは天真爛漫で底抜けに明るくマイペースであり、地球で出会ったリトに惚れ込んで彼を王に迎えるべく再三アタックします。

「かんなぎ」で演じたナギとは全く違う魅力を持ったキャラクターでしたね。

丸井ひとは(みつどもえ)

ちょっとコミュ症な不思議少女、丸井家三女の丸井ひとはを見事に演じました。

ナチュラスなSっ気を遺憾なく発揮しており、戸松さんの演技がとても自然なためにもしかいたら一番のハマリ役とも言えるかもしれません。

ひとはは幼児体型なことを気にしてる可愛らしい一面もありますね(笑)

氷川いおな/キュアフォーチュン(ハピネスチャージプリキュア!)

活躍の場は深夜アニメだけに留まらず。
女児をメインターゲットにしたテレ朝の看板アニメ「プリキュア」シリーズの1つである「ハピネスチャージプリキュア!」にヒロインとして出演。

戸松さんお得意のツンデレキャラである氷川いおなは小さな子どものみならず、アニメを熱心に愛する大きなお友達をも魅了しました。

モルジアナ(マギ)

人気少年漫画をアニメ化した「マギ The Kingdom of magic」のヒロイン、モルさん。

長い奴隷生活を経験しているために登場直後は感情を出すことは多くありませんでしたが、徐々に人間らしさを見せるようになり、不意に見せる少女らしさがかなりカワイイのです。

戸松遥さんが演じた中でもちょっと珍しいタイプのヒロインかもしれませんね。

アスナ/結城明日奈(ソードアート・オンライン)

最後は彼女が演じたキャラの中でも近年最大の当たり役とされている「ソードアート・オンライン」のメインヒロイン、結城明日奈。
本作は続編も制作されるなど大ヒットとなった人気作ですが、メインヒロインとして活躍したアスナもまた高い人気を得たキャラとなりました。

彼女の魅力は何と言ってもその一途さ。キリトを我が物にせんと恋路を驀進するアスナのひたむきさに心を奪われた方も多いのではないでしょうか?

今回はヒロインのみの紹介となりましたが、近年では大ヒットした「妖怪ウォッチ」の主人公ケータに抜擢されるなど少年声にも昔から定評がありました。

女性役だけでなく、益々演技の幅を広げていく戸松遥さんの活躍はこれからも楽しみですね。戸松遥さんの演じたヒロインまとめでした。

エムキャス