アニメキャラのあだ名がスゴイ!有名な通称を集めてみた

アニメキャラで多く使われるようになるあだ名、結構ありますよね。 色々ありすぎて解らなくなるなども多々あると思います。 笑えるあだ名からシリアスなあだ名も色々あるでしょう。 今回は笑えるあだ名の4人について綴っていきたいと思います。

家庭教師ヒットマンREBORNのダメツナ

主人公である沢田綱吉が学校で呼ばれているあだ名です。

何をやってもダメダメな彼にクラスや学校中でダメツナと呼ばれるようになっています。

本人も自覚済みでほっといてはいますが気にはしてます。

そんな中でいきなり現れた家庭教師と名乗る赤ん坊リボーンに出会い彼はメンタル面、やる気、死ぬ気などで大きく変わっていきます。

死ぬ気での戦いの中で生まれた絆、温もり、寂しさなどを知り、徐々にダメツナ離れはしてると思いたいですが、やはり学校ではそれは伝わらずダメツナ扱いなのです。

魔法少女リリカルなのはシリーズ(A's~)のゲボ子

ゲートボールっ子、略してゲボ子と呼ばれる、ヴィータ。

ヴィータの戦闘での武器がゲートボールで使う棒に似ていてよくおじいちゃんやおばあちゃん世代に好かれてゲートボールを始め楽しんでいるので、あだ名としてみんな親しみを込めてゲボ子と呼んでいます。

ただアニメの中では呼ばれてはいないので脳内変換でしか呼ばれません。

でも彼女のゲートボール姿は可愛いです。ひどいあだ名ですが、見ていると癒しになること間違いありません。

可愛い容姿の割にやることが大人びてるところもいいですね。

進撃の巨人の死に急ぎ野郎

死に急ぎ野郎とは、主人公であるエレン・イエーガーの生き様を取った、あだ名です。

やる事なす事が全部死に急いでいるという所から来ているらしいです。

どうにも彼の生き方は死に急ぎすぎていると思われます。
「巨人を一匹残らず駆逐する」、「俺は自由だ」など、急ぎすぎた発言も見られるのでその所為もあるかもしれません。

まだ15歳である彼は何故こんなに死に急いでるのかなどもアニメを見ていくうちに解ってくると思います。

目の前で母を失い、仲間が殺されたり…色々あるので急いでるわけではないけど周りから見れば死に急いでいるように見えるのであると思われます。

うたのプリンスさま♪シリーズのダム様

ダム様こと聖川真斗。
ゲーム時代からダム関連のことが多いこともあり、そのようなあだ名で呼ばれています。

書道で「心のダム」と書いていたり、ゲーム時代ですが歌の中に「心のダムが~」などという歌詞もあることからそう呼ばれています。

アニメ内では普通に呼ばれていますが、私たちからするとダム様と呼びたくなるくらい「ダム」という言葉が多く、そこから来ているのではないかと思います。

キャラ的にはかっこいいはずなのですが、よくネタにされます。

ただダム様と呼ばれてもおかしくないくらいダムという言葉の関連が多いのだと思います。

アニメのキャラのあだ名は色々あり、調べるたびに楽しくなっていきます。

今回はシリアスなのは除きましたが、調べれば調べるほど奥が深いものが多いです。

少しでも興味がお持ちになられたのなら幸いです。
面白いですし内容もよく解るようなあだ名ばっかでアニメはやはりいいと思います。

楽しく鑑賞出来て行って頂ければ嬉しいです。

エムキャス