【ドラゴンボール】ベジータの戦闘能力推移まとめ

生まれながらサイヤ人の王子にして戦闘の天才だったベジータはドラゴンボール屈指のハイスペックキャラ。 シリーズが進むにつれ、悟空とともに常にトップクラスの戦闘力を身に着けてきました。今回はその戦闘力の推移をまとめてみます。

1.初登場時(サイヤ人編)の戦闘力:1万8千

ドラゴンボールを求めて地球にやってきたのが初出です。このときの戦闘力は1万8000。

1対1では誰も勝てない最大の敵として悟空たちの前に現れました。大猿化によって戦闘力18万にまで上げ悟空をあと一歩のところまで追い込みますが、悟飯にクリリン、ヤジロベーなど数の力に負けて逃走します。この敗戦はベジータのプライドを大いに傷つけました。

2.ナメック星(サイヤ人編)の戦闘力:250万

サイヤ人編のメイン舞台ナメック星でのベジータ。フリーザの部下を倒していく過程でベジータはどんどん力をつけていきます。

フリーザ最終形態戦ではついに戦闘力250万を記録、自分のことを超サイヤ人だと誤解してしまうほどでした。

だがしかしフリーザは戦闘力1億を超える化け物。自信満々に戦いを挑みますがあっけなくヤラれてしまいます。

3.念願の超サイヤ人(セル編)時の戦闘力:8億

超サイヤ人をカカロットに先を越されてしまったベジータ。その後彼はカプセルコーポレーションの重力室で血のにじむような修行を繰り返します。そして人造人間19号戦ではついに念願の超サイヤ人に。戦闘力は8億と大幅アップしますが活躍するのはそれから3話程度。すぐさま戦闘力9億の人造人間18号が現れまた負けてしまいます。

4.超サイヤ人の限界をさらに超える時(セル編)の戦闘力:180億

神様と再び合体したピッコロにさえも戦闘力で抜かれてしまうベジータ。彼は超サイヤ人のさらに上を目指すため、トランクスとともに精神時の部屋へ。修行は見事に成功。超サイヤ人を超えた超ベジータの戦闘力は180億。十分すごかったのですがこれもまた完全体セルの前に破れる結果に。

5.超サイヤ人2にバビディの魔力をプラス時(ブゥ編)の戦闘力:3000億

純粋に悟空と戦いたかったベジータは魔道士バビディの魔術を利用してさらなるパワーアップを遂げます。この額にM字の刻印が浮かび上がった魔人ベジータの戦闘力は3000億とセル編の十数倍。初登場時からは考えられないような力を手にします。

挫折するたびに強くなって戻ってくるベジータはまさに戦闘の天才。どんどん強くなっていくベジータを観るのもドラゴンボールの楽しみですよね。ちなみに完全版コミックのラスト、ベジータはまだ先を目指そうとしていることがわかります。

エムキャス