冴えない彼女の育てかたセリフの元ネタまとめ

アニメ『冴えない彼女の育てかた』がフジテレビ系列で2015年1月8日(木)から毎週木曜24:50~放送開始されました。 目立たないステルスな主人公モモをメインヒロインにギャルゲーを創る物語で、その中のセリフが過去のどんな映画、アニメネタとどう酷似しているのかを調べてみました。

1.「有葉と愉快な仲間たち」が元ネタ

「こんなのどうかな? 『倫也の愉快な仲間うち』って……」
「……ああ、いや、それによく似た名前の有名なサークルがあるから」

「冴えない彼女の育て方」とストーリーと同様の設定で、現実に同人ソフトを作る同人サークル『有葉と愉快な仲間たち』が存在しています。

例えば「2015/1/13ー1/18(日)開催のこみっく☆トレジャー25、COMIC CITY福岡37に参加します」等の最近のサークル動向がアナウンスされています。

2.「御殿場プレミアム・アウトレット」が元ネタ。

こ、これが六天場モール……?

主人公たちでモールに出かけ「こ、これが六天場モール……?」というセリフがあります。
実際には、これは「御殿場プレミアム・アウトレット」のことで、住所は静岡県御殿場市深沢、国内最大級のショップが世界文化遺産の富士山が見える広大な敷地に設置されています。

3.横山光輝「三国志」から

けれど俺もそのたびごとに自分に言い聞かせる。『待て、慌てるな、これは六天場モールの罠だ』と

漫画「三国志」で司馬懿は孔明と対決しようしますが、孔明を警戒するあまりほんの些細なことでも孔明の攻略だと無用に勘ぐりすぎ、結果として何もできなかった事を指します。 元ネタは「まて、あわてるな。これは孔明の罠だ!」 です。

4.米国映画「卒業」からの引用

まるで俺のことを『人妻と関係を持った後にその娘と仲良くなり、人妻を捨てようとしたら逆ギレされて娘を他の男と結婚させようとしたから、そうはさせじと結婚式に乗り込んで娘を強奪した鬼畜男』と蔑むような目で見ている。酷いや。

D.ホフマン、C.ロス主演の1967年の有名な映画「卒業」は主人公は恋人の母親と関係を持ち、その母親から娘と別れるように言われますが、彼女を忘れられず結婚式の真っ最中の教会に乗り込み、彼女を略奪してしまいます。

以上のセリフはまさにこの映画内容を元ネタとしています。

5.ドリフの志村けんのコントが元ネタのセリフ

と、その世に珍しいエゴ射撃に共感した詩羽先輩が、「とんでもない、あたしゃ神様だよ」的な追随を見せる。

志村けんのコントの名ゼリフである「あたしゃね○○だよ」の物まねです。

意図的かどうかは不明ですが、最新アニメ「冴えない彼女の育てかた」は、ドリフの志村けんやダスティンホフマンの卒業、横山光輝の三国志、御殿場モール、実在の同人サークル等と広範囲にリアルなタレント、名作映画、スポット等と関連したセリフや呼称を使用しています。

このような幅広いジャンルでのセリフの派生の可能性が高いことはとても興味深いものです。

エムキャス