コスプレで男装メイクをする時のポイント

大好きなアニメ作品のコスプレをしたい!男性キャラのコスプレをしたいけど、男装ははじめて。 普通のメイクとどう違うの?特別なメイク道具は必要?そんな人に向けて、参考になるポイントをまとめてみました。

1.ファンデーションはテカリを防止しよう

まずはメイクの土台作り。保湿やテカリ防止などはきっちりとしましょう。

ベースに手抜きをすると、レンタルスタジオやイベント会場での長丁場で汗とともにメイク崩れしやすくなります。

コスプレ用メイクは顔にうまくラインや陰影を描いていく必要があるため、パウダーファンデーションで透明感のあるマット肌に仕上げるようにするといいでしょう。

練習しながら、自分のベストを見つけていってください。

2.リップは男装のため赤みを抑える

男装コスプレの場合、唇は基本的に赤みを抑えます。

赤みが強いと女性的な印象になってしまいますので、愛らしい雰囲気の少年や中性的なキャラクターでなければ、きちんと赤みを消しておきましょう。

コンシーラーやオークル色のリップを塗ると赤みを抑えられます。

3.アイメイク(アウトライン)

一番肝心なのがアイメイク。
キャラクターのイラストを参考にしながら目のアウトラインを決めていきます。後からアイラインで形を描き込んでいけるので、ある程度おおまかに近づけるくらいでも大丈夫です。

一重の人が二重のキャラクターに挑戦したい場合は、アイテープやアイプチを使って二重を作ることができます。

逆に二重の人が一重のキャラクターに挑戦するときも、アイテープを二重のライン下に固定するなど、工夫次第で可能です。

4.アイメイク(アイライン・シャドー)

目のアウトラインが決まったら、キャラクターに合わせてしっかり黒のアイラインを使って縁取ったり、二重のラインを強調していきます。シャドーはブラウン系のものを使うといいでしょう。

アニメキャラに近くなるよう、眉頭と目を近づけると、彫りが深く見えます。

アイラッシュは下まつげに強めに入れると、男性らしい印象になります。

カラーコンタクトは印象的な瞳を作れますが、体質によって使用できない場合もあります。使用時間や使用期限を守ることも、瞳を守る上でとても大切です。

5.仕上げに陰をいれて男性らしく

最後にブラウン系のファンデーションやシャドーなどで陰影をつけ、全体の印象を整えます。

女性的な輪郭の丸みが気になる人は、アゴや頬に影を入れるとシャープに。

鼻筋や輪郭のサイドにしっかり影を入れていくと、凛々しい印象にしていくことができます。

コスプレ男装メイクと普段のメイクと違う点は、写真にうつったときに二次元のくっきりした印象を残すよう工夫するところです。

写真を見返してみると、ちょっと濃いと感じるくらいでちょうどいい印象になっていることに気付くはずです。

男装は、特に眉の位置とアイメイクが大切。ポイントを押さえて、お気に入りキャラの男装を楽しみましょう。

エムキャス