聞くと笑えるアニソン集。コミカルな歌詞が面白い

かっこいい、感動する、テンション上がる…など、作品の抱えるテーマによって魅力を何倍にも引き出すことのできるアニソンは多種多様な心理的効果をもたらしますが、笑えるアニソンだって存在します。 コミカルな作品ではあるコミカルなアニソンは適当な感じがしますが、作品の雰囲気とはまるで違うともうそれだけで笑ってしまいます。

お前の母ちゃん☓☓だ!(銀魂)

のっけから全開、「銀魂」より、アイドルとして活躍する寺門通を演じる高橋美佳子さんで「お前の母ちゃん☓☓だ!」。

いきなりピー音ですよ。もうこの銀魂ワールド感が堪りません。
これがデビューソングってのも凄いですが、更にヤバめなキャラソンがここから増えていくのがまた銀魂らしい感じがします(笑)

放送コードがなんぼのもんじゃい(銀魂)

引き続き「銀魂」より、アイドル寺門通の「放送コードがなんぼのもんじゃい」。

1番の歌詞は良いんですよ、普通に普通の歌なので取り立ててなにか言う事もないのですが2番からのピー音連打が最高に笑えます。
2番もはや歌の体をなしていないのですが、最後だけ取り繕ったようにアイドル風に締めくくるのがまたなんとも言えず…。

クラスで1番スゴイやつ(花さか天使テンテンくん)

「花さか天使テンテンくん」より、サビ部分の歌詞が何かと話題になった迷曲、「クラスで1番スゴイやつ」。
唄ったブラブラブラボーズは未だに正体不明の歌手です。

あぁ小学生が喜びそうだなぁという感じの歌詞ですが、所々の韻の踏み方が非常に巧く、メロディ的にもノリノリでテンション上がる1曲です。

…が、サビの「コッチンコッチン」連発で全てを持っていてしまい、インパクト勝負ならまず負けないであろう記憶に残るアニソンですね。

ベジータ様のお料理地獄!!~「お好み焼き」の巻~(ドラゴンボールZ)

もはや歌なのかどうなのかもわからない超迷曲、「ベジータ様のお料理地獄」。

すごい気合入って唄ってますけど、お好み焼き作ってるだけです。
ベジータ演じる堀川りょうさんはベジータのキャラのまんま、大真面目にこんな歌詞で唄ってますからもう笑えて仕方ありません。

ベリーメロン~私の心をつかんだ良いメロン~(金色のガッシュベル!!)

「金色のガッシュベル!!」より、ビクトリーム演じる若本規夫さんで「ベリーメロン~私の心をつかんだ良いメロン~」。

荒ぶる若本さんの雄叫びが聞きたいのなら迷わずこのアニソンです。
ガッシュを演じる大谷育江さんとティオを演じる釘宮理恵さんの合いの手が非常にカワイイので、笑えて癒やされる謎のアニソンとも言えます。

チチをもげ!(金色のガッシュベル!!)

同じく「金色のガッシュベル!!」より、パルコ・フォルゴレ演じる高橋広樹さんの卑猥な響きがエロチックな「チチをもげ!」。

「チチをもげ」「おっぱい」「ボイン」がこの歌の全てと言っても過言ではない、とことん乳にこだわった特異すぎるアニソンです。

チチをもげとはどういう行為なのか、果実をもぐみたいな感じなんでしょうか…。

タケシのパラダイス(ポケットモンスター)

キャラクター自体も面白かったですが、インパクトも絶大だったこの「タケシのパラダイス」という「ポケットモンスター」のEDテーマ。

ひたすらお姉さんの素晴らしさを歌っている…という、こちらもやっぱり異様な感じのするアニソンであり、そんな歌詞がPTAの逆鱗に触れたためにわずか1ヶ月ちょいで使用中止になるという悲しくもちょっと笑えるエピソードも。

希望の宇宙の…(ギャグマンガ日和+)

先ほどに続きうえだゆうじさんの歌唱による「希望の宇宙の…」。
継ぎ目なくノンストップで歌い続ける変わったスタイルのアニメソングです。

歌詞も面白いのですが、何と言ってもうえだゆうじさんの肺活量に慄くばかりです。

カラオケで挑戦してみるのもまた面白いアニメソングでしょう。

「銀魂」、「金色のガッシュベル!!」の脚本家として活躍していた大和屋暁さんが作詞したアニソンが4つも入ってます。作品同様に歌にもやはり癖がありますね(笑)

本気で腹を抱える…と言うよりはついつい脱力してしまうような、そんな感じの笑えるアニソンでした。

エムキャス