スタジオジブリ作品の都市伝説まとめ

他のアニメより何倍、何十倍の人に視聴されるので、必然的に深読みして色々な噂も立ちやすいのがジブリアニメ。 額面通り受け取らないで深読みするのもアニメを観る1つの楽しみと言えるのですが、ここでは信ぴょう性が高そうなモノから眉唾ものまで、色々とジブリアニメの都市伝説をまとめてみました。

「となりのトトロ」のさつきとメイは亡くなっていた!?

毎年のように放送されるので夏休みの風物詩とも言える「となりのトトロ」。
老若男女問わず幅広い世代から支持され、夢に溢れたファンタジーアニメの代表的作品である本作はスタジオジブリの名作として今も愛されています。

そんな「となりのトトロ」に関する都市伝説でしきりに語られるのが「さつきとメイは物語開始時には既に亡くなっていた」というもの。

埼玉で起きた誘拐殺人事件の「狭山事件」にも絡んでいる、構図が似ている、なんて噂もされるのでそこ辺りとの関連性も疑われています。

この説が未だに有力とされるシーンが物語終盤、猫バスに乗って母親が入院する七国山病院を尋ねる所。

さつきとメイは猫バスに乗って病気療養中の母親の元に行きますが、なぜかこの時2人は入院する母親とは直接面会せず、持ってきたとうもろこしを置いて見守るのみ。

さつきとメイの影が物語中盤から消える、なんて事も言われてますが、何よりこの不自然さを感じさせる母親と面会しないというこの描写が2人が亡くなっていた説を裏付けるモノとしては妥当なのではないでしょうか?

また、トトロのモデルとなった北欧の妖精であるトロールは死神であり死期が近い人間のみが目にできるという設定もあり…?

このような噂が未だに論議されており、問い合わせがあまりにも多いためにスタジオジブリは公式に「さつきとメイは死んでいない」と発表しますが…さて、この都市伝説が消える日は来るのでしょうか?

「千と千尋の神隠し」の湯屋「油屋」に隠された意味

日本映画史上最高興行収入を記録した大作「千と千尋の神隠し」。
スタジオジブリの真骨頂と言った感じのファンタジックで感動的な物語は何度見ても、何年経っても色褪せることはない名作と言えます。

そんな「千と千尋の神隠し」ですが、主人公の荻野千尋が働く事になる湯婆婆が経営する湯屋「油屋」は額面通りに受け取ると普通にお風呂屋ですが、これが実は大人な施設という都市伝説があり…?

両親が豚に変えられてしまい、2人の姿を人間に戻すために千尋は湯女(ゆな)として働くことになるのですが、この湯女という職業自体が問題なのです。

作中では床を磨いたり掃除をしたりと当たり障りのない仕事をしていましたが、湯女という職業を調べてみると江戸時代には現代で言う大人なお仕事のような事をしていた…とのこと。

もちろん、天下のジブリ作品ですから作中でそのような行為を描くことはありませんが、宮﨑駿監督が裏テーマとして意味を持たせた可能性があるのではと噂されています。

宮﨑駿監督本人が「性風俗産業に関係した作品を作りたい」という旨の発言をしており、もう裏テーマとかそういう事ではなくて割とストレートにそう表現した作品と言えるのかもしれません。

「風の谷のナウシカ」は火星が舞台だった…?

正式にはスタジオジブリ作品ではなくその前身となるトップクラフトによりアニメーション制作された「風の谷のナウシカ」。
宮﨑駿氏によって描かれた原作漫画と劇場版アニメはかなり内容が違っていますが、そのどちらも素晴らしい作品であることは間違いないです。

そんなナウシカにまつわる都市伝説は色々ありますが、よく言われているのが「あの世界は地球ではなく火星での話」でしょうか。
現在では荒れ地となっている火星もかつては地球のように人々が住める惑星であり、そんな時代を描いた話とも言われています。

NASAが撮影した写真には何かの人工建造物の跡地のような痕跡や巨大生物の化石のようなものが発見されていることから、かつては火星にも文明があったと推測する学者もいます。

「ナウシカの舞台火星説」が都市伝説として語られる理由としては、火星は重力が地球の1/3であるため、メーヴェのような小型エンジンを積んだグライダーでも自由に空を翔ぶことが可能になる、というのがあります。

強い風が吹いていると言ってもあんな人間1人を乗っけてあんな挙動をするのは地球では難しいでしょうし、重力が1/3の火星でなら…と考えるとなかなか合点がいくような?

また、もう一つ存在する都市伝説がナウシカらの登場人物はみな現在の人間のサイズではなく、巨神兵のサイズこそが現在の人間サイズと言う説。

原作漫画では「ナウシカたち新人類は旧人類により創りだされた改造人間」という衝撃の事実が発覚しますが、巨神兵を作り出すなど高い技術があるならそんな話も無理がないような?

…ただ、旧時代の遺跡や宇宙船の残骸なんかは普通にナウシカたちのサイズでしたし、この説は少し微妙でしょうかね。

シルバニアファミリーみたいな感覚で、新人類用のミニチュアセットを用意していたのかもしれませんが(笑)

こうしてみると割と信憑性が高いモノも多い気が…してきませんか?
深読みすると物語がより一層味わい深くなりますが、純粋に物語を楽しむ心も忘れないようにしたいですね。

人気の高いジブリアニメから3作の都市伝説の紹介でした。

エムキャス