歌詞が妖艶なキャラソン集

歌詞がエロいキャラソンは意外と多く、そのボーカリストのキャラへのなりきりと愛が伝わって来る名作も数多く存在しています。ここではそんな名作揃いのキャラソンから、特に歌詞が妖艶なものをご紹介しましょう。

覚醒~dark&light~(モノクローム・ファクター)

諏訪部順一さんと小西克幸さんのボーカルが絡む、大人の色気がある曲となっています。

「夢の跡 残しては 身体に刻んだ ひとときも 離れない 君想うほど この世界に ある悲しみ 越えてゆくたびに 深く繋がって」と言う歌詞がもうエロス溢れまくりです。

この二人だからこそ歌いこなせる、この二人しか許されないそんな大人の歌でしょう。

背徳ワンダーランド(黒執事Ⅱ)

乙女なら悶絶間違いなしのこの歌詞世界は必見です。
ドルイット子爵こと鈴木達央さんが歌う黒執事のキャラソンですが、「Uhピカる唇 Ohプニる二の腕すべすべ鎖骨 甘い君はドルチェ?パルフェ?」という衝撃連発のワードが溢れます。

鈴木達央さんの表現も非常にセクシーでゾクゾクする名作です。

GAME(最遊記)

三蔵役の関俊彦さんの歌うキャラソンです。
当時大ヒットした「最遊記」は女性を中心に人気を博し、数多くのメディアミックス展開が行われました。

それもこれもキャラの人気があってこそで、特に三蔵は多くの女性ファンがいるキャラでした。「純粋でみだらな欲望 むき出しのままの野望本音を吐いたら愛情 叶うならば最高」といった素直な男性の思いを述べる歌詞世界がまさに最高の一曲です。

Romantic?Workaholic(絶対可憐チルドレン

「いまだけはRomanticしませんかキミの吐息の媚薬嘘ならば 大袈裟なほうがいい」という大胆な歌詞が魅力の曲で、作品の中でも大人っぽい世界に驚いたファンも多いでしょう。

賢木修二を演じる谷山紀章さん、さすがの仕事をしています。

QUARTET★NIGHT(うたの☆プリンスさまっ♪)

森久保祥太郎さん、鈴木達央さん、蒼井翔太さん、前野智昭さんによる究極のエロティックソングです。歌詞に大注目。

「テンダネスなその心はAh…シャララAngel 吐息のLive 甘いイメージでギリギリに焦らした方がHotになるシてもいいよ嫌いじゃないしね」。女性ファンは思わずウットリしてしまうスイートな歌詞ですね。

ただエロスだけではなく、上品さも少し感じる大人の色気が最高です。人気声優さんだからこそ出せたオールスター感もあり、非常に豪華な印象があります。「うたの☆プリンスさまっ♪」のキャラソンの中でもかなりの人気曲となっています。

乙女ゲーム中心の選曲でしたが、この声優さんがこんな曲を歌っているんだという意外性もありましたね。

曲の歌詞世界だけではなく、そのボーカル力や楽曲自体にもぜひとも注目してください。セクシーな歌詞だけでなく、その中にある男女の愛も感じることが出来る素晴らしい名曲たち。きっとこういった豊かな世界観は乙女アニメだからこそ生まれた曲も多いのでしょうね。

エムキャス