人気声優の黒歴史まとめ!今とは別人な姿がそこにはある

人気と実力を得て声優として不動の地位を確立した人はたくさんいますが、実はそこに至るまでに色々と苦労もした方は少なくないです。 ここでは声優になる前のお仕事や、声優業と平行して色々な事に挑戦(?)した、そんな黒歴史をまとめてみました。

森久保祥太郎さん

1997年の放送開始から15年以上が経過した現在もテレビ東京で毎朝放送している「おはスタ」。

声優の山寺宏一さんがメインキャスターとなった事で有名な番組ですが、そんな「おはスタ」黎明期の1コーナーであった怪人ゾナー。

現在20代半ば~30代前半くらいの人ならまず知っているであろう怪人ゾナーですが、このキャラクターを演じていたのは現在では人気声優の森久保祥太郎さん。

世間では黒歴史と言われていますが、実に5年以上ゾナーをやっていたので実はそんなに本人がイヤではなかったのかもしれませんが…なかなか強烈なキャラクターです。

ちなみに同コーナーには麗人サイガーとして声優の斎賀みつきさんも出ていました。こっちもやっぱり黒歴史っぽいです。

阿澄佳奈さん

強烈さでは最初の怪人ゾナーにも負けるとも劣らない、阿澄佳奈さん(当時は原田佳奈)の黒歴史である「小梅伍」。

福岡のローカルアイドルであり、女性声優志望者からなるユニット「小梅伍」に所属していた時の映像になります。

歌声は現在の阿澄佳奈さんそのもの。本人はちょっと忘れたい過去と思っているそうで…苦労してたんですねぇ(涙)


斎藤千和さん

「魔法少女まどか☆マギカ」の暁美ほむら役や「ケロロ軍曹」の日向夏美役など、子ども向けアニメからオタク御用達アニメまで幅広いジャンルで活躍する声優、斎藤千和さん。

そんな彼女にとっての最大の黒歴史が2003年に放送されていた深夜アニメ「妄想科学シリーズ ワンダバスタイル」の劇中で演じたアイドルユニット、「みっくすJUICE」。

劇中同様に現実でもアイドル声優ユニットを組んでジャージ姿でこのような番組をやっていたワケですが、それが本人にとっては堪らなくストレスだったそうで。

グループには中原麻衣さん、植田佳奈さん、森永理科さんといった現在では売れに売れた声優さんがいた、なかなかのアタり声優ユニットであり、歌もかなり良かったんですけどね…(哀)

浅野真澄さん

声優業のみならず、ラジオのパーソナリティ、絵本作家としても活躍する浅野真澄さん。

自他ともに認める苦労人である彼女の声優界での最初の仕事が50人近い声優が所属する、今で言うAKBのようなアイドルユニット「Kirakira☆メロディ学園」でした。

卒業生には浅野さんを始め、ゆいかおりさん、門脇舞以さん、いのくちゆかさんなど名が知れた声優さんもいますが、浅野真澄さん以外の誰一人としてこの「Kirakira☆メロディ学園」について口を開こうとはしません。

彼女曰く、「キラキラしたはきだめ」であり、メンバー間の仲がとにかく悪かったとか…。
浅野真澄さんだけでなく、存在そのものが黒歴史である「Kirakira☆メロディ学園」です。

声優の皆さんが辛いお仕事を必死にやって今に名を残しているのは本当に立派です。

掘り出せばたくさん出てきますが、できればそっとしてあげたい、声優さんの黒歴史でした。

エムキャス