2014年に放映されたラブコメアニメまとめ

アニメの中でも昔から人気のジャンルがラブコメディです。ここでは、2014年に放送されたラブコメアニメの中からオススメの作品をご紹介しましょう。これを見れば恋をしたくなってしまいますよ。

月刊少女野崎くん

野崎梅太郎という人気漫画家と、そのアシスタントを巡る物語です。

無骨な男が少女漫画家として活躍しているという設定もユニークで面白く、夢野咲子というペンネームもギャップがあります。
作風にも関わらず恋愛経験が全くないというキャラなので、この先どうやってアシスタントたちと関わっていくんだろうと気にさせるストーリー展開が上手いですね。

ヒロイン佐倉千代のあまりにもストーカー気質な愛情表現が愉快でした。

となりの関くん

クラスメイトの関くんを見守る寡黙な少女横井さん視点で描かれる、不思議な笑えるアニメです。

横井さんは関くんにそれなりに好意を抱いているのですが、関くんはひたすら授業をサボっているだけ。女性なら誰しも経験がある「身近な気になる男の子」のような存在が母性本能もくすぐります。

ラブコメ要素は薄めですが、横井さんのツッコミが面白い作品です。

ひめゴト

いわゆる男の娘系のラブコメとしてマニアックな人気を博しました。

登場する人物も、有川ひめを始め、歩く18禁や運子、アルベルティーナ2世などクセがありすぎるキャラばかり。4コマが原作なのでサクサク進む展開もテンポ良く見やすいアニメであり、本編内アニメ「魔法少年ヒメキッス」も魅力ありすぎな完成度でした。

旦那が何を言っているかわからない件

オタクの旦那を抱えるごく普通の一般人の妻のカオルの奮闘を描くラブコメです。

旦那は年収がかなりある元アフィブロガーという設定で、その異色の主人公設定が話題を呼びました。

数々のネット用語を駆使し、ネット掲示板にも張り付く旦那とは違い、嫁のカオルは全くのオタク素人という温度差が笑えます。

労働厨と呼ばれるカオルに同情してしまうシーンも多い作品でした。

監督不行届

これも立派なラブコメと言えるでしょう。
「新世紀エヴァンゲリオン」の監督として有名な庵野秀明さんと、その妻である安野モヨコさんの日々を綴っている作品です。

一応フィクションとはなっているものの、カントクくんとその妻ロンパースのやり取りはリアルな夫婦そのもの。
半ノンフィクションのような作品です。

ウルトラマンや仮面ライダーなどに夢中になるカントクくんは大人コドモそのもので、そんな夫に少しずつ影響されながらオタク妻として染まっていくロンパースの姿が微笑ましく可愛くもある作品です。

こうして見ると、ラブコメにも多くの形がありましたね。2014年だからこそ表現できるラブコメ作品もあり、監督不行届のようなクリエイターの素顔を知ることが出来る内容も魅力がありました。

カップルや夫婦の愛情が確かに感じられるからこそ、信頼があり、笑える部分もあるでしょう。心まで温かくなる作品が多く、ラブコメディは笑いと安心感をもたらしてくれるのが魅力ですね。

エムキャス