声優さんへファンレターの書き方、出し方のポイント

魅力的な声優さんが多い昨今のアニメ業界。憧れの声優さんに感動や応援メッセージを直筆で伝えたいと思うのは自然なことでしょう。 しかし、最近は手紙を出すようなシチュエーションが減っているだけに、世代によっては「ファンレターの出し方自体が分からない」という人もいます。マナーを含めたファンレターの出し方をご紹介します。

ファンレターの宛先は必ずHPで確認

宛先確認は最低限のマナーの一つです。
間違ってもアニメ製作会社や送ってはいけません。

ホームページで確認するのが手っ取り早い方法ですが、声優さんによってはファンレターの送り先が事務所宛や専用の宛先を設けている場合もあるので、きちんと確認しておきましょう。

食品などは控える

もらって嬉しいものはもちろん人それぞれ好みは違いますが、食料品などは控えておきましょう。

特に生ものなどは鮮度を保つのも大変で、事務所を含めた相手方に迷惑になってしまいます。
声優さんへの思いは、心を込めたメッセージで代えましょう。

ラジオ番組へ長文は送らない

声優さん出演のアニメ作品などの感想は、担当しているレギュラーラジオ番組などに送っている人も多いでしょう。あくまで番組当ての投稿とファンレターは違うものです。
長文になる場合など、ファンレター向きの感想メッセージは素直にファンレター宛に送りましょう。

誹謗中傷はもってのほか

ちょっとした冗談やおふざけのつもりでも、表情が見えない手紙では意外とニュアンスは伝わりづらいものです。行きすぎたユーモアは例え本意でなくても傷つけてしまうことがあります。

誹謗中傷などはもちろん失礼。特にアニメの作品批判などを送らないように、あくまで相手が読んだときの気持ちを考えて送りましょう。

しつこすぎない程度に

好きな声優さんに自分の気持ちを聞いてもらいたいという心情は分かります。

ただ、何十通も一度に送りつけたり、読むのが大変になるほどの文章量はさすがに負担となってしまうでしょう。
ファンには気遣いという部分がとても大事になります。

Twitterなどの対応について

ファンレターを送るのは少し面倒という人も多いでしょう。
声優さんによっては本人アカウントのTwitterを開設している場合が多いのですが、決して返事前提でのメッセージを送らないようにしましょう。

特に人気声優さん宛のリプライは膨大な数に及びます。いちいち返事をしていたら身が持たないほどの量です。

身近に感じるネットツールだからこそ、踏み込み方に気を遣う必要があるのです。

声優さんへのファンレターの注意点を書いてきましたが、基本的な人としてのマナーを守るということに尽きるでしょう。自分がされて嫌なことは相手にもしないということです。

距離感が近く感じてしまいがちな声優さんだからこそ、ファンの自制心が大事な面もあります。楽しく応援していくために、お互いの関係性を守った正しいファンで居続けましょう。

エムキャス