泣ける恋をするアニメ5選

ラブストーリーは物語の基本中の基本です。世の中に溢れているアニメ作品にももちろん恋愛を題材にしているものも多く、名作揃いのジャンルでもあります。 観ればきっと恋をしたくなってしまう作品ばかりです。恋愛の切なさ、楽しさを感じられる泣ける作品をご紹介します。

君に届け

コンプレックスを抱える主人公・黒沼爽子に共感を抱ける作品です。

恋人、風早との交際で変わっていく爽子の性格も面白く、独占欲などに駆られるシーンは恋愛あるあるとしても微笑ましく観られるでしょう。
青春ならではの繊細な感情表現も多く、恋愛の良さをあらためて見つめ直せる作品となっています。

花咲くいろは

松前緒花と種村孝一の恋はいかにも青春という感じがする爽やかな恋です。
民宿旅館に勤めることになってしまい、緒花とはいきなりの別れがやってきます。
遠距離恋愛なのでなかなか進展せずに焦る気持ちも、経験者だったら共感してしまうでしょう。

徐々に心の距離も縮まるのですが、ハラハラさせるシーンが満載で二人の恋仲の進展が気になってしまいます。

Steins;Gate

悲劇的な運命を辿る幼なじみ椎名まゆりを助けようと岡部倫太郎が奔走するシーンが物語後半のメインですが、岡部は牧瀬紅莉栖への思いも捨てられません。

牧瀬と結ばれていくのは原作ファンも驚いた展開で、恋愛面ではまゆりは何とも切なく、救われないキャラでした。

あくまで幼なじみという立場で進行していくまゆりの心情を想像すると泣けてくる作品です。

ソードアート・オンライン

リズことリズベットの、キリトへの思いは切ないです。
鍛冶屋と客という出会いから徐々にリズはキリトの人間性に惹かれて行くのですが、すでにキリトにはアスナという思い人がいることに気付きます。

リズの思いはキリトにもアスナにも悟られないように、そっと胸の奥にしまうのでした。

今でも片思いでキリトをあきらめられないような一途な女性で、原作ファンにも非常に人気が高いキャラです。

たまこまーけっと

「純愛」という言葉がふさわしいアニメです。
本編は北白川たまこやデラちゃんことデラ・モチマッヅィ(おしゃべりな鳥)を中心とするほのぼの日常的なのですが、幼なじみの大路もち蔵はたまこに対しずっと片思いをしています。

高校生にもなり多感な時期になってくるもち蔵に対し、いつまでもマイペースなたまこのギャップが笑えて泣けます。
映画版の「たまこラブストーリー」では逆にたまこ目線で恋に目覚めていく姿が描かれるので、こちらも必見の内容です。

様々な形の恋愛が見て取れます。

ストレートな恋愛アニメから、ギャグに見えて意外と切ない恋作品、冒険ものに隠れたあのヒロインの片思いなど、人の数だけ恋愛には形が存在しています。恋人や夫・妻と鑑賞するのも良いですし、理想の恋人像を描きながら夢見るのも素敵かも知れません。

心まで温かくなるような泣ける恋愛を堪能してみましょう。

エムキャス