平安時代が舞台のアニメ!雅な空間が流れる世界

平安時代の雰囲気ってどこか厳かで静かなイメージですよね。 そんな独特の雰囲気ですからアニメの舞台にもなったりします。 今回はそうした平安時代が舞台なあにめ についてまとめてみました。

少年陰陽師

「少年陰陽師」は平安時代を舞台にした陰陽師もののアニメです。
ですから、ファンタジーものとして妖怪の類いが出て陰陽師の技が飛び交います。

物語としては王道的なものですので、難しいと思う事はありません。

流れとしては妖怪から人々を守るという単純なものですが、そもそも女性向けに作られた作品のため、男性には馴染めない可能性があります。

その1点さえクリアしてしまえば、ファンタジーものが大好きな方には楽しんでいただける和風ファンタジーアニメだと思います。

超訳百人一首 うた恋い。

うた恋いは題名にもある通り百人一首のお話です。
と、言うと意味不明な感じもしますが、単純に言うと平安時代の恋話です。

平安時代は身分差があって自由に恋ができなかった時代でもありまり、だからこそ百人一首に想いを載せてとして自身の恋心を詠ったのでした。

…とは言えそこまで固いお話ではなく、むしろギャグなども交えてわかりやすく泣けて笑えるお話になっています。

見る前は少しハードルが高そうに感じますが、歴史に興味があったり、恋話に興味がある方ならすんなり世界に入り込め、楽しめるかもしれません。

お伽草子

「お伽草子」は平安時代中期を舞台にした物語です。
ストーリーは、飢饉と疫病が蔓延した都を救うために主人公たちが旅をするという冒険もの。

何だか荒唐無稽な感じもしますが、都に平安をもたらすには伝説の勾玉が必要で、朝廷が源頼光に勾玉を探し献上する様に命じたのですが頼光が疫病に倒れてしまい、末の娘であり主人公でもある光の君が正体を隠して旅に出るのです。

ただ、その旅は意外とあっさり終わります。そして、途中から現代を舞台にしたお話へと移り変わります。

当然そこには様々な理由があり物語があるのですが、完全な平安時代のお話を求めるのでしたら少し違うかもしれません。

しかし、そんな事を気にしないのであれば物語に引き込まれるでしょう。

怪童丸

「怪童丸」は安倍清明などが登場する和風ファンタジーです。
しかし、ファンタジーだからと言って戦いに次ぐ戦いという訳ではありません。

まず、このお話は彼の有名な金太郎が登場しますが、その金太郎が女性。
この時点で驚くのですが、女金太郎と様々な逸話を交えて恋やら戦闘やら行います。
この設定を見るだけでもビビッと来る方は来るのでしょうし、ビビッと来た方には楽しめる作品になっています。

ただ、このアニメの難点は話が少し難解という事です。
作中で出てくる単語もそうですが、何よりもストーリーが難しいです。

ですので人を選ぶ作品ではありますが、面白いと感じられた方には最高の作品になる事は間違いありません。

鬼神伝

「鬼神伝」は現代の京都に住まう少年が平安時代にタイムスリップするというお話です。

主人公はそこで様々な人と出会い成長していきます。
物語としては王道ですが、王道だからこそ主人公が主人公らしくないです。

近年のアニメは主人公が達観していたりある程度の成長を済ませていたりするのですが、今作は主人公が未熟で視聴者にとって納得がいかない展開が続きます。

しかし、だからこそ主人公が成長する様子がハッキリと分かりますし、その成長した姿や見せる表情に感動することができるのです。

世の中に沢山のアニメがありますが、平安時代を舞台にしたアニメと限定して探すと意外と少なかったりします。

そのため最近のアニメがなく、最近のアニメを見慣れている方にとって少々見にくい作画をしていますが、補って余りあるストーリーを展開しますので深い世界観をお求めの方には楽しめる作品たちです。

エムキャス