一途に主人公を想うヒロイン5人【ネタバレあり】

主人公に一途なヒロインというものは大して珍しくありません。しかし、中には献身的なまでに一途なヒロインもいて泣かせられます。 ですので今回は、主人公に一途なヒロインをご紹介したいと思います。

亜豆美保(バクマン)

主人公に一途であり主人公も一途の名作といえばバクマンではないでしょうか。

バクマンとは二人の少年が漫画家を目指す物語ですが、そのストーリーから普段は漫画を読まない方からも好かれていますが、その理由の一端がヒロインである亜豆美保にあります。

と言うのも、亜豆 美保は主人公のサイコーたちが書いた漫画がアニメ化するまで会わないと約束しているのですが、主人公のサイコーがとある理由で倒れてしまい入院する事になりました。

そこで、本来であれば約束を守らなければならない所を美保は自分の意思で会いにいくのです。

その表情や決意からはサイコーへの一途な想いが読み取れ、思わず応援したくなります。

佐倉千代(月刊少女野崎くん)

「月刊少女野崎くん」も先ほど紹介した「バクマン」と同様に漫画を題材としたアニメですが、バクマンとの違いはラブコメディーに重点を置いている所です。

そのため、バクマンでは見れない様な主人公とヒロインのやり取りが多く見られます。

そして、月刊少女野崎くんのヒロインである佐倉千代はとある理由があり物語開始の時から主人公に惚れています。

さらに物語開始の時に告白するのですが、焦りに焦り間違った告白をしてしまいます。しかしその告白が功をなして物語が展開していくのですが、そんな過程で佐倉千代は主人公の漫画の手伝いをするのです。

普通であれば嫌になって逃げてもおかしくない状況においても、佐倉千代は主人公が好きだという理由で頑張ります。

そこに主人公への一途な好意が感じられてほっこりと和ませてくれるのです。

日向ヒナタ(NARUTO)

漫画、アニメともに言わずとも知れた名作です。
2014年には完結を迎えナルトと日向ヒナタに重きを置いた劇場版が公開されました。

そこで日向ヒナタがNARUTOの正ヒロインである事が分かったのですが、それまでにも日向ヒナタのヒロインっぷりは事あるごとに見られており、もう一人のヒロイン的キャラクターである春野サクラと日向ヒナタのヒロイン論争が巻き起こったほどです。

ヒナタが一途なヒロインとして活躍した場面と言えば、やはりペイン襲撃時。

ペインに負けていて殺されそうになったナルトを自身の命を危険に晒してまで守ろうとするヒナタに感動した方は多く居るのではないでしょうか。

ヒナタのヒロインとしての一途さを見ていると、ナルトと結婚後も間違いなく上手くやっていけると確信できます。

庚夕子(黄昏乙女×アムネジア)

「黄昏乙女」はあまり知られていないアニメですが、知る人ぞ知る名作アニメ。

このお話は幽霊の少女でヒロインでもある庚夕子と彼女の事が見える主人公によるホラーラブコメディーなのですが、何といってもヒロインの庚夕子がかわいいのです。

見た目は中学生に見えないグラマーな体系で、その長所をいかして主人公を誘惑したりします。

初めはただ自分が見える主人公に好奇心とわずかな好意を抱いていただけなんですが、ありのままの幽霊としての自分を見てくれる主人公の事がどんどん好きになっていくのです。

そんな時にヒロインは精神的に不安定になり記憶を忘れてしまうのですが、意を決した主人公の告白で記憶を取り戻すのです。

これだけを聞くとなんだかよく分からない話になりますが、大して好きでもない者の告白を聞いた所で普通は記憶など戻りません。

それでも記憶が戻ったという事は庚夕子は主人公の事がそれ程までに好きであり一途であるという事に他なりません。

このお話はかわいくも恐ろしい、けれど純粋な少年少女の恋愛を見せてくれます。

秋庭里香(半分の月がのぼる空)

実写映画にまでなった名作、「半分の月がのぼる空」。

秋庭里香は患った病気で自分がいずれ死ぬと分かっているため、主人公と出会うまでは生きる事に諦めていました。

しかし主人公と出会い様々な思い出を作るにつれ主人公に心を開き最終的には生きていたいと思うようになるのですが、それでも秋庭理香の心臓が悪い事実は変わりません。

心臓病は思うように回復せず、だからこそ里香は何時死んでもおかしくない時間を主人公と過ごしたいと思うようになるのです。

高純度の恋愛であり、何よりも里香の精神的な成長は涙を誘います。

「半分の月がのぼる空」をまだ見ていない方でこれから見ると言う方は是非ハンカチの用意をして心ゆくまでご堪能ください。

最近のアニメはハーレムものが多いですが、今回はハーレムものを除いた上でヒロインが一途な作品を選んでみました。

まぁ、黄昏乙女に関して言えばヒロインらしき人物がもう一人いるのですが…。しかし、ここで紹介している以上面白いものだけ選抜しているので誰でも楽しめると思います。

エムキャス