卒業式で使える!卒業シーズンに聴きたいアニメソングまとめ!

学業にスポーツに遊びに…と、友達と過ごした日々や未来への希望を唄う卒業ソングは一般曲にも多いですがアニメソングにだって非常に多く存在しています。 楽しかった学生時代を想い出すような、そんな卒業ソングを紹介していきましょう。

天使にふれたよ(けいおん!!)

「けいおん!!」挿入歌、放課後ティータイムで「天使にふれたよ」。

「卒業」をテーマにした楽曲として、また「けいおん!!」という作品を締めくくる楽曲として感動の名曲と言われる「天使にふれたよ」はここ数年では最高クラスの卒業ソングではないでしょうか?

劇場版ではこの歌について更に掘り下げて描かれており、あたかも映画そのものが歌のためのプロモーションビデオのようです。

Dear My Friend~まだ見ぬ未来へ~(とある科学の超電磁砲)

「とある科学の超電磁砲」EDテーマ、ELISAで「Dear My Friend~まだ見ぬ未来へ~」。
OPテーマが注目されがちな作品ですがEDテーマも非常に良い歌です。

「友達」をテーマにした歌詞と明るい曲調が明るく希望に溢れた未来を予感させますね。

Spiritual Garden(魔法少女リリカルなのはAs)

「魔法少女リリカルなのはAs」EDテーマ、田村ゆかりで「Spiritual Garden」。

作品自体がそうですが、こちらも友情をテーマにした歌詞が感動的。
子どもから大人へと成長する中で大切な友達や愛する人との出会いを田村ゆかりさんが優しく歌い上げています。

さよならにさよなら(ドラえもん のび太の創世日記)

「ドラえもん のび太の創世日記」主題歌、海援隊で「さよならにさよなら」。

海援隊…というか武田鉄矢の卒業ソングといえば「贈る言葉」が圧倒的に有名ですが、劇場版ドラえもんでも「別れ」をテーマにしたアニソンを唄っています。

微妙に哲学的な歌詞と温かい唄い方が心に響くアニソンですね。

Bon voyage!(MINKY MOMO IN 旅だちの駅)

「MINKY MOMO IN 旅だちの駅」EDテーマ、林原めぐみで「Bon voyage!」。

こちらは背中をそっと押してくれるような歌詞に温かさと希望を感じるアニメソング。
フランス語で「良い旅を」を意味する「Bon voyage!」というタイトルからは旅立ちを「卒業」と「出発」に見立てているように感じられます。

トモシビ(ToHeart2)

「ToHeart2」EDテーマ、Suaraで「トモシビ」。

Suaraさんの楽曲には「未来」を感じさせるものが多いのですが、中でも卒業シーズンに聴きたくなるのはこちらの「トモシビ」でしょうか。

恐れずに一歩踏み出す事の大切さ、自分を信じる事の大切さを唄う歌詞に勇気づけられます。

あの頃のように(水色時代)

「水色時代」EDテーマ、米屋純で「あの頃のように」。

学生時代を想い出させるアニメソングNo.1。
楽しかった季節が終わりを告げて、それぞれ自分の道を進む卒業という時期にこれほど合っている楽曲はないのではないでしょうか?

ただ別れるワケではなく、また笑顔で再会することを誓う歌詞がホント泣けます。

ガーネット(時をかける少女)

「時をかける少女」主題歌、奥華子で「ガーネット」。

挿入歌の「変わらないもの」も非常に素晴らしいのですが、やはりここは主題歌の「ガーネット」を。

友情や愛情について綴った青春を感じさせる歌詞。
そしてピアノの旋律が美しく、またちょっと悲しげに響くのがなんとも心に刻まれる名曲です。

君はス・テ・キ(銀河漂流バイファム)

「銀河漂流バイファム」挿入歌、ムーヴで「君はス・テ・キ」。

作中でも効果的に使われるので印象に残るこの曲は単体でも素晴らしいアニメソングです。

旅立ち、未来、成長を感じさせる歌詞はどちらかと言うと同じ時期を生きる同級生の目線と言うよりは、「親御さん・保護者の目線で唄われた卒業ソング」という解釈が適当かもしれません。

ダ・カーポ ~第2ボタンの誓い~(D.C. 〜ダ・カーポ〜)

「D.C. ~ダ・カーポ~」より、yozukaで「ダ・カーポ ~第2ボタンの誓い~」。

原作ゲームの主題歌として初登場した本曲ですがシリーズを代表する楽曲として人気が高く、アニメソングとしてはOVA「D.C.if」のOPテーマとしても使用されています。

まさに直球、ドストライクの卒業ソングとして「D.C. ダ・カーポ」シリーズファンはもちろん、その他のアニメファンからも人気のある1曲です。

一番の宝物(Angel Beats!)

「Angel Beats!」挿入歌、ユイ(LiSA)で「一番の宝物」。

アニメソングはアニメの内容を知っていてこそ最大限に力を発揮するモノが多いですが、この楽曲はまさにアニメの内容とぴったりな名曲。

「作中最高の楽曲」として高い評価を得る卒業シーズンに聴きたいアニソンです。

想い出がいっぱい(みゆき)

「みゆき」EDテーマ、H2Oで「想い出がいっぱい」。

アニメソング…ではありますが、圧倒的に普通の曲として認知されている超名曲にして名卒業ソング「想い出がいっぱい」。

合唱ソングとして中学校、部活動などで唄われているなど今も幅広い年代から愛されており、様々なアーティストにカバーされていることからこれから先も「定番ソング」として生き続ける代表的卒業ソングでしょう。

Friendship(ラブひな)

「ラブひな」より、ひなたガールズで「Friendship」。

歌詞には「ラブひな」のテーマである友情や愛情が凝縮されており、最後の「きっと君がその憧れや願いを叶える場所 ずっとずっと信じてる」という歌詞は新たな道を歩み始める友達へ贈る心からの言葉に感じられます。

作詞・作曲を担当した岡崎律子さんが創りだす優しく暖かい雰囲気が心に響く、まさに卒業シーズンに聴きたい最高のアニメソングです。

アニメソングやゲームソングだと使われた作品に密接に関わっている事が多いので、作品効果で更に泣ける、感動するといった要素もあり下手したら一般的な楽曲より感情移入しやすいのではないでしょうか?

心に響く卒業シーズンに聴きたいアニメソングまとめでした。

エムキャス