アンパンマンの都市伝説ってどんなものがあるの?

誰もが知っている国民的人気アニメのアンパンマンですが、実は水面下でしか知られていない都市伝説が存在します。 知りたくなかった…と後悔するかもしれませんので、心の準備が整った方だけご覧ください。

バイキンマンの産みの親はジャムおじさん!?

「アンパンマン」登場キャラの中では悪役ながら高い人気を誇るのがバイキンマン。

このバイキンマン、実はジャムおじさんが生み出したという噂があるのです。

ジャムおじさんはアンパンマンの味方でもありますし、わざわざ敵になるバイキンマンを意図的に作り出すのも矛盾が生じてきますよね。
ではどのようないきさつでバイキンマンが誕生してしまったのでしょうか?

実はかつてジャムおじさんはジャムパンマンを作り出したことがあると言われていますが、それは失敗に終わってしまったのです。

ジャムパンマンは全身カビに覆われてしまい、その結果バイキンマンになってしまったという説が1つ。

もう1つの説が、パンを作るためには酵母菌が必要なのですが、バイキンマンはその酵母菌から生み出されたものではないのか?という説です。

どちらにしろ本当にジャムおじさんがバイキンマンを作り出したとしたならば、アンパンマンとバイキンマンが戦う場面を見て胸が締め付けられているのではないでしょうか?

バイキンマンはアンパンマンに容赦なく攻撃をしますが、パン工場には攻撃をしてきません。

このようなことから水面下でジャムおじさんとバイキンマンが繋がっているのでは?と都市伝説としてささやかれているのです。

アンパンマンとバイキンマンの勝負が永遠につかない理由

幾度となく戦っているアンパンマンとバイキンマンですが、勝負がつくことはいまだにありません。

これだけ何回も戦っていれば、そろそろ決着がついてもいいようなものですが、実は勝負の決着がつかないのには意味があったのです。

バイキンマンの生きる理由は人々を困らせたりアンパンマンを攻撃することなのかもしれません。

そしてアンパンマンの生きる理由はバイキンマンから人々を助けることですから、どちらかがいなくなってしまうと、残ったほうの生きる理由がなくなってしまう・・・ということになりますね。

生きる理由がそこにあるからこそ二人は戦いあっているのかもしれません。

バイキンマンの変装は絶対にバレない!

作中でバイキンマンは変装しては悪事を働いていますが、視聴者から見れば突っ込みどころが多いバレバレの変装です。

…が、しかし。アンパンマンの世界ではバレバレの変装でもバレたことはないのです!

それはなぜかといいますと、アンパンマンの世界の住人はひとを疑う心も持たない純粋なキャラクターだからなのです。疑うことを一切しないからこそ、バイキンマンの変装にも気づかないようですが、あれだけ毎回騙されても疑わないという心もすごいものですね。

アンパンマンの都市伝説をいくつかご紹介しましたが、大人になって改めて見ると実に深い作品だということを思い知らされます。

何が正義なのか、何が悪なのか…アンパンマンはいろいろな意味で考えらさせられる作品でもあります。

エムキャス