とにかく長い名前のアニメキャラ達。フルネームが言えない

アニメキャラにはそれぞれ個性的な名前が多くあります。シンプルな物からとてつもなく長いものまで、今回はその中でも長い名前のアニメキャラを紹介させていただきます。

エドワード・ウォン・ハウ・ペペル・チブルスキー4世(COWBOY BEBOP)

フルネームだと「エドワード・ウォン・ハウ・ペペル・チブルスキー4世」。
男性名ですがれっきとした女の子。

言動は野生児そのものですが頭脳は超天才ハッカー並と色々ぶっ飛んだキャラクターであり、そもそもこの名前すら自分で勝手につけたものであり本名ではありません。

ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール(ゼロの使い魔)

フルネームは「ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール」。

意地っ張りでプライドも高い彼女ですが実は自分の運命と向き合い、覚悟を決めるひたむきさもあります。

アニメや原作である小説でもルイズと才人の関係がとても気になるところで作者であるヤマグチノボルさんが亡くなられたため、二人の恋の行方は終わらないままになってしまいました。

ですが、ルイズと才人ならばきっと幸せになれる。そんな気持ちをくれるキャラクターです。

エリザベス・エセル・コーディリア・ミッドフォード(黒執事)

フルネームは「エリザベス・エセル・コーディリア・ミッドフォード」。

主人公であるシエルの婚約者であり、可愛いものが大好きな彼女ですが実は凄腕の剣士でありそれを隠していたのも「剣をふるう自分を大好きな人に見られたくなかった」という理由でしたが、シエルの危機にもち「女王の番犬の妻!」と叫ぶシーンは黒執事の中でも屈指の名シーンの一つになっています。

愛する人を守りたい、そのための強さが欲しい。時に恋する少女はどこまでも強くなれる。それが彼女の魅力の一つと言ってもいいかもしれません。

夢はシエルとダンスをすること、と言いその願いをかなえるためにダンスの練習を重ねるシエル。二人が踊るシーンで思わず笑みを浮かべた人も少なくありません。

インテグラル・ファルブルケ・ウィンゲーツ・ヘルシング(HELLSING)

フルネームは「インテグラル・ファルブルケ・ウィンゲーツ・ヘルシング」。

ヘルシング家当主でもあり、無敵のヴァンパイア、アーカードを従える女局長。

英国とプロテスタントを侵害するものに対して「見敵必殺」の命令を躊躇なく下すクールな女性ですが思い悩むことも多く、変人ばかりの作中では数少ない人間らしい一面を多く持つ女性でもあります。

最終回では30年アーカードを待ち続け、加齢によるしわを気にしたり再開のさいに「おかえり伯爵」と敬意を見せたりと読者を納得させる最終回を展開しました。

クドリャフカ=アナトリエヴナ=ストルガツカヤ(リトルバスターズ)

フルネームは「クドリャフカ=アナトリエヴナ=ストルガツカヤ」。
作中ではクドの愛称でおなじみですが彼女のフルネームも長いほうです。

穏やかでかわいらしい容姿でもあり名セリフの「世界のどこを探したって、悪意を持とうと願う人はいないのです。」に心打たれた人も多いでしょう。

クドのどこまでも人を信じる気持ち、仲間を思う気持ち、「嬉しい時は笑うものですよ。三枝さんも、笑ってください。笑顔は人を強くします。誰かの笑顔は、誰かの強さになる。だから、笑ってください」は今の私たちに色褪せずに伝えてくる何かがあります。

長い名前のキャラたちは個性的でもあり、また、誰かを思う気持ちや強さのある人物が多いのかもしれません。

今後もきっと魅了的なキャラクターが魅了してくれることになりそうです。

エムキャス