坊主頭のアニメキャラまとめ。クリリンだけじゃない!

アニメキャラにも一度見たら忘れられないような奇抜な髪型から、誰でも真似できそうな髪型、再現で着なさそうな髪型など色々なヘアスタイルを確認できますが、今回はその中でも坊主状態になっているキャラクターに的を絞ってまとめてみました!

海坊主(シティーハンター)

坊主と言えばシティーハンターの海坊主は外せません。

またの名をファルコンとも言いますが、本名は伊集院隼人。
海坊主とは「シティーハンター」の主人公、冴羽獠が勝手につけたあだ名です。

元々は敵対関係にあったようで、そのような事を示唆する発言をいくつか確認できますが、作中では渋々ながらも一緒に仕事をする場面も事も多く、中々頼れる同業者として描かれています。

ちなみに、サングラスをしているのは目に怪我があるからで、初登場時で既に弱視、後に失明状態となりますが、目が見えない事によるハンディキャップは殆ど見せません。

これは作品設定の若干異なる続作、エンジェルハートでも同一で、時代的にはシティーハンターより後になるので初登場時で既に失明状態です。

クリリン(ドラゴンボール)

坊主キャラといえば忘れてはいけないのが、「ドラゴンボール」に登場するクリリン。

登場キャラクターとしては古参の域で、主人公である悟空やそのライバルのべジータ、その他の宇宙人や人外生物と比べると大きく実力の差をつけられてしまうものの、ヤムチャ曰く「地球人では一番強い」であり、作者である鳥山明も認めています。(死亡回数は4回とやられた回数としても多い方ですが)

必殺技は亀仙人の一派らしく、かめはめ波が使える事は当然として、独自に生み出したものとして有名なのが気円斬(きえんざん)でしょう。薄く円盤状に延ばした気を投げつけるものであり、爆発や衝撃を与える事が殆どの気砲系のなかにおいて切断するという非常に変わった特性と持つ技で、何度かバトルのクライマックスシーンでも活躍しました。

桜木花道(SLAM DUNK)

1大バスケットブームを引き起こした有名スポーツ漫画、「SLAM DUNK」の主人公、桜木花道もバスケットに本気を出し始めた頃からは坊主頭がトレードマーク。

バスケットボールプレイヤーとしては荒削りながら驚異的な身体能力をもって、頭角をあらわしていくキャラクターで、垂直飛びは目測ながら1メートル以上を記録します。

190cm近い高身長ですが、それ以上にスピードやスタミナ、パワーにも優れており、ゴール下の存在感は抜群。
自らを「ゴール下の覇者」と称するなど普段から自信に溢れた態度であり、そんな自身も手伝い徐々にリバウンダーとしての能力を開花させていきます。

坊主キャラといえば他にもサザエさんの磯野カツオや進撃の巨人のコニーなどいますが、注目すべきは坊主頭にしているだけなのか、毛が生えなくなってしまったのかで、もっといくとドラゴンボールのピッコロのように元々毛が生えないキャラなどもいます。

今回は一応、人間(もしくは地球人)に限定して選ばせていただきましたが、海坊主と桜木花道では随分印象が変わりますね。

エムキャス