冷静でクールなアニメキャラといえばこの5人

どんなときでもクールに立ち回る冷静なアニメキャラは、ストーリーにおいてなくてはならない重要な役どころです。主人公は比較的熱血漢であることが多いため、その対比としてとても魅力的なキャラです。ここでは、そんな冷静なアニメキャラを5人ご紹介します。

どんなときでも冷静沈着、風見雄二(グリザイアの果実)

グリザイアの果実の主人公で、声優は櫻井孝宏さん。
本作の舞台である美浜学園に通う男子高校生です。

雄二の周りにいる5人の美少女たちはとても魅力的で、色仕掛けやお笑いネタを次々と盛り込んでるのですが、それらをすべて冷静沈着に対処しています。

その淡々と対応していく姿が、とても印象的です。

また、その冷静さを活かして射撃の腕に長けているというのも雄二の魅力です。

慌てる姿を見たことがない、真壁ケンジ(宇宙兄弟)

主人公である南波六太の親友として登場するのが、真壁ケンジです。
声優は加藤将之さんで、まずその声からして冷静さが際立っています。

宇宙飛行士を目指す試験で六太と出会い、親友としていつも六太のそばにいます。

宇宙飛行士試験でも冷静さは冴え渡り、常に客観的な判断を軸にして行動しています。

それゆえに自身の主張を強くとなえる場面は少なく、仕切り役に徹することが多いです。

破天荒な発想と行動力を持つ六太を陰で支える、とても重要キャラです。

冷静さゆえのツッコミが冴え渡る園田海未(ラブライブ!)

ラブライブ!で1番の冷静さを持っているのは、主人公である高坂穂乃果の親友、園田海未。
声優は三森すずこさんです。

園田海未は常に冷静な意見を発し、ミューズのまとめ役として活躍しています。

作中でミューズのメンバーがダンスや体力づくりの特訓をしているとき、それを厳しく指導しているのは園田海未です。
ミューズの全体的な管理を全員が信頼して任せるくらい冷静さが光っています。

また、メンバー同士の会話でもその冷静さは際立っており、園田海未ならではの切れ味鋭いツッコミは特筆ものです。

そして、それが園田海未の魅力につながっています。

どんなときでも客観的なデータを重視、駒野勉(ちはやふる)

百人一首をテーマにしたアニメ「ちはやふる」の中で、冷静さが持ち味のキャラと言えば与永翼さん演じる駒野勉です。

駒野勉は部活に加入した当初は百人一首の初心者でした。
ですが勉強の才能があり、その才能を百人一首に活かしています。

細かくノートを取ってデータを集め、それを試合で上手く活用します。

また、駒野勉の冷静さが際立つのは大舞台でも変わりません。

普通なら緊張してしまうような大舞台でも、己の集めたデータを信じて行動しています。

それがチームを救ったこともあり、ただのマジメキャラというだけでなく頼れる一面も持ち合わせているのが彼の魅力です。

小学生とは思えない冷静さをもつ永塚紗季(ロウきゅーぶ!)

小学生のバスケットボールを題材にしたアニメ「ロウきゅーぶ!」で1番冷静なのは日笠陽子さんが演じる6年生の永塚紗季です。

そもそも、日笠陽子さん自身が冷静なキャラを演じることが多い声優さんですが、それは小学生においても同じ。

周りの仲間はどこか子どもっぽい意見を主張するのですが、永塚紗季だけは違います。本当に小学生なのか疑ってしまいたくなるほど冷静な考え方をしており、主人公の長谷川昴を上手くサポートしています。

それは試合においても同様、視野の広さを活かしてボール回しをするポイントガードのポジションを任されています。

「アイス・エイジ」という二つ名がその冷静さを象徴していますね。

アニメに登場する冷静なクールキャラは、視聴者の気持ちを代弁していたり、物語が正しい方向へ進むように調整していたりなど、縁の下の力持ちとしてとても重要な存在です。

派手さは決してないかもしれませんがアニメ作品になくてはならないキャラですので、ぜひとも注目してみてはいかがでしょうか?

エムキャス