和服が特徴的なアニメキャラ5人!クラシカルな和風男女

最近では和服をアレンジしたアニメキャラも以前より多く目にするようになりました。アレンジされた和服のキャラもいればほぼ和服で登場するキャラもいます。日本人の心に触れる和服キャラは総じて魅力的なキャラが多いですね。 今回はそんな和服のアニメキャラクターについてご紹介します。

機功少女(マシンドール)は傷つかない:花柳斎硝子

主要キャラたちがアレンジ和服なのにたいして、花柳斎硝子は花魁的な和服姿が特徴的です。ヒロインである「夜々(やや)」をはじめとするマシンドールの製作者であり、ミステリアスなキーマンキャラとしても存在感があります。眼帯は魔力の流れが見える仕様であり、煙管を持つ姿は大人の女性としてのセクシーさも溢れたキャラクターです。

美味しんぼ:海原雄山

意外と忘れられがちな海原雄山ですが、正統派の和服キャラクターでもあります。

作中ではほぼ和服ですごし、食への追及や息子である主人公の士郎との確執が長らく続いていましたが士郎に子供が生まれたことで和解への道ができ、親子として手を取り合うシーンも生まれました。

和服キャラとしては意外と忘れられてしまいますが、海原雄山は古くからの和服キャラでもあります。

地獄少女:閻魔あい

普段はセーラー服姿ですが地獄少女になるときはクラシカルな和服姿になるのが閻魔あい。帯結びもしっかりとしており、正統派の和服キャラと言ってもいいでしょう。

「いっぺん死んでみる?」はまさしく彼女にしかつむげない言葉であり、黒髪に赤眼に和服という魅力をぎっしり詰め込んだキャラでもあります。

BLEACH:藍染惣右介

BLEACH護廷十三番隊のキャラは男女ともに和服ですが、代表的なキャラクターとしては藍染惣右介が出てくることも多いかと思います。
冷酷な性格の野心家でもありますが部下からの信頼が厚く、カリスマ性を備えたまさしく敵キャラの王道ともいえます。

曇天に笑う:曇 天火(くもう てんか)

明治時代を舞台にした曇天に笑う、は全般的に和服キャラが多いですが中でも一番と言えば主人公の曇 天火になります。

数奇な運命をもち、運命と戦い、そして運命と向き合い、それを受け入れる。

彼の最後には涙を禁じ得ないという声も多く、作中でも名シーンが多いのも曇 天火の見どころでもあります。

彼の「辛いのは一時だけだ。お前等なら大丈夫。俺の様にはなるな。役目に捕らわれないでくれ。泣いて…叫んで…強がって…誇れ。己が生き様を…「笑え!」この灰色の空の下で……」はまさしくタイトルでもある「曇天に笑う」そのものといってもいいでしょう。

和服で上司慈過ごすキャラクターは男性が多く、女性はイベントや一時的に気が得ることが多い傾向がみられます。

閻魔あいのようなクラシカルな和服少女はなかなか貴重な存在であり、和装として正式な形を取っているまれな例でもあります。

和服キャラは男女ともに凛として強いキャラが多いのも特徴であり、日本人の心を表せるのかもしれませんね。

エムキャス