アンパンマンの名言!人生を豊かにする仲間思いの至言たち

「アンパンマン」はいつの時代も子供達のヒーローです。 そんなアンパンマンを見ていると、人として教えられる言葉がたくさん出てきます。 人生を豊かにする人間らしさとは何か?を教えてもらえるアンパンマンの名言をご紹介します。

僕はそんなに強くないよ。ただみんなが応援してくれるから、頑張れるだけなんだ

アンパンマンが落ち込む仲間を励ますときに使う名言です。

気が弱く、力もなく、いつも負けてばかりいる仲間が落ち込んで凹んでいる、アンパンマンみたいに強くなりたい!と言う。

しかしアンパンマンはそんな時でも自分のことを過大評価したりせずに仲間を励まします。

応援してくれる人がいるからこそやる気が出て頑張れる!だからいつも仲間を応援しようね!と教えてくれています。

アンパンマンを見る子供たちに理解して欲しい仲間の大切さと応援することの素晴らしさがにじみ出る名言です。

悪いことをしたのに気がついたら、素直に謝らなくてはいけないよね?その相手がたとえ、バイキンマンであっても。そうだろ?

自分が悪いことをしたら素直に謝るという気持ちを子供たちに理解してもらうための名言です。

どんなに相手が悪者でも、自分が悪いことをしたら必ず謝るのがアンパンマンの信じる道なのです。

絶対的な悪者のバイキンマンであっても、そのバイキンマンに対して悪いことをしたら謝ろうね、と子どもたちにもわかりやすく説明しています。

謝れない人は人として間違っている、そういう思いを伝えるアンパンマンの気持ちがこもった言葉です。

その季節の恵みをおいしく食べられるのも、一生懸命育ててくれる人がいるからなんだよ

食べ物の素晴らしさをアンパンマンなりの言葉で子供たちに説明する名言です。
食育の観点からも子供たちに栄養のある美味しいものをたくさん食べて欲しいという願いが詰まっています。
食べ物には季節によって美味しいものがあり、それを作る人は見えないところで一生懸命努力している。

寒い日も暑い日も、どんな時も食べ物を育てるために苦労している。

だからそんな大事な食べ物を残すことなくおいしく食べようね、というアンパンマンのメッセージが子供たちに伝わります。

野菜嫌いの子供や食べ物のありがたみがわからず残してしまう子供にとってはとても大切な言葉だと言えます。

見た目だけでその人を怖がったり、仲間外れにするのはいけないんだよ。大事なのは、心のうつくしさなんだからね

子供は見た目が汚い人をいじめたり、仲間はずれにすることが多々あります。
それがなぜ間違っているのかがわからないからこそそういう行動に走ってしまうのです。

アンパンマンは「心のうつくしさこそが人の素晴らしさを表す」ということ子供たちに伝えています。

この言葉を理解した子供は「優しい人」「温かい人」のよさを知り、見た目で人を判断することがいけないことと理解するようになります。

子供たちがこれから大きくなり人とのコミュニケーションを取る際に大切なことを教えてくれる名言です。

アンパンマンの言葉には大人でも考えさせられる温かいメッセージが詰まっています。
子供にとってわかりにくいこともアンパンマンなりの表現で上手に伝えています。
大人もアンパンマンを見習って子供たちに人として大切なことを説いて行きたいものですね。

エムキャス