安原絵麻ってどんな子?大人しい健気な新人アニメーター【SHIROBAKO】

安原絵麻はアニメSHIROBAKOのメインキャラクターの1人です。あまり目立たないキャラではあるのですが、地味に可愛いと一部では評判になっています。 そんな安原絵麻ちゃんは一体どんな子なのかをアニメでのエピソードの紹介を通して説明していきます。

安原絵麻は宮森あおいと学生時代に一緒にアニメを作成

高校の頃にSHIROBAKO主人公の宮森あおいに誘われて、一緒にアニメーション同好会に所属していました。

高校の頃から性格は内向的で、宮森あおいら他の同好会メンバーの意見に押し切られることが多い描写があります。

その後、二人とも武蔵野アニメーションに就職し、今も同じ会社で一緒に仕事をしています。

仕事内容は異なっていて、宮森あおいはアニメの制作進行を担当、安原絵麻は原画作成を担当しています。

同好会のメンバーの中でも今もっとも宮森あおいと付き合いの深いメンバーと言えるでしょう。

お金の節約に熱心で半額弁当を買うこともある安原絵麻

SHIROBAKO4話で会社の飲み会の後、安原絵麻が宮森あおいに対して、「スーパーで明日の弁当を買っていく。半額になっていると思うから」と言って別れる場面がありました。

仕事をして会社の飲み会も終わって疲れているのに、明日の弁当代を節約するためにわざわざ前日のうちに半額弁当を買う節約熱心さはすごいです。

ただ、前日のうちに買った半額弁当を翌日に食べてお腹を壊さないのだろうかという心配はあります。

まあ、それぐらいしなければいけないほど、アニメ業界は薄給だということなのかもしれません。

原画作成スピードを上げようとして挫折

SHIROBAKO8話で安原絵麻は「原画を素早く作成する技術は若い頃にたくさん仕事をしないと身につかない」とアドバイスをされ、焦って原画作成をしてしまったことがありました。

その際は、後の工程の担当者からダメ出しをされて激しく落ち込んでしまうのですが、周囲のサポートもあって立ち直ることに成功しました。

真面目で仕事熱心だけど、思いつめやすく悩んでしまいがちなのが安原絵麻の特徴です。

屋上でエンゼル体操を踊って肩こり解消

アニメ16話では屋上で安原絵麻が1人でこっそりとエンゼル体操を踊っているシーンがありました。

このエンゼル体操というのが動きがとてもコミカルで可愛らしく、普段は大人しい安原絵麻のキャラとのギャップが大きかったこともあって、かなり大きな話題となりました。エンゼル体操を題材にした動画が動画サイトに大量にアップされたりもしました。

ちなみにこのエンゼル体操は安原絵麻いわく、肩こり解消に効くらしく、先輩の原画担当の人にも教えてあげて一緒に踊ったりもしていました。

普段は冷静だけど意外と表情豊かな安原絵麻

安原絵麻は普段はあまり表情を変えずに真面目に仕事をしているのですが、何かあったときには結構表情が変わります。

例えば、原画作成スピードをあげようとしてスランプに陥ったときの暗い表情は顔全体に青味がかかるほど壮絶なものでした。

また、エンゼル体操を先輩に見つかったときは、ハッとして照れたような少し赤い顔になり、普段とは違った可愛らしさがありました。

安原絵麻には元気で明るい宮森あおいとはまた違った可愛さがあります。

真面目っ子なところも魅力ですが、天然だったり表情豊かだったりと時折みせる普段とのギャップも魅力的です。SHIROBAKOファンはぜひ安原絵麻にも注目してアニメを見てみてください。

エムキャス