殺せんせーの弱点はこんなにある!隙を突いて狙おう【暗殺教室】

地球を破壊してしまう超生物である殺せんせー。 殺せんせーはマッハ20で移動したり月に一回脱皮をしたりするので全然生徒たちの攻撃が当たらないのですが、結構殺せんせーにも弱点があります。 今回はそんな暗殺教室に出てくる主人公の殺せんせーの弱点についてご紹介します。

初めて会う人の不意打ちは弱い

いつも授業中不意打ちにあってそれを注意する余裕もある殺せんせー。

しかし赤羽業のように初めて会った人物にいきなり攻撃されると食らってしまうところがひとつの弱点です。

ただ用意周到に準備すると殺気でばれてしまうので不意打ちするときはあくまでさりげなくする必要があります。

不意打ちで殺せんせーへのダメージは与えられるのだが倒すとなると難しいかもしれません。

パンチが弱い

殺せんせーのパンチはすごいへにゃへにゃで壁を殴ってもぼにょんといった何というか弾力のあるようなパンチしか打てません。

ということは殺せんせーはどうやって月を破壊したのかはわからないですがとっさに大きな岩とか落ちてきても避けるしか手段がないということです。

じゃあ殺せんせーをどうにかしてマッハ20で動くとすらできないスペースに閉じ込めたり縛りつけたりして、その後に対せんせー用にかなり大きな岩とかを投げると逃げる場所もなく倒すことができるのではないでしょうか。

乗り物に酔う

アニメだとOVAのときにこの弱点が出ていたのですが新幹線とバスに乗ったときかなり乗り物に酔っているところが大きな弱点です。

このぐったりしている時のせんせーへのさりげない攻撃はさりげなくかわされていましたが酔っているときにもっと大勢にやられると意外に倒せるのかもしれません。

この話の時には枕が変わると寝られないといった部分もあったので人間味のある弱点が結構あってそこをつくことができるのかもしれませんね。

カッコつけるとボロがでる

生徒から暗殺されそうになった殺せんせーが花壇からチューリップを取ってきてそれを暗殺しようとした隙に生徒の手に渡したシーンがあります。

そこまではカッコつけているのですがそのチューリップは生徒が育てたものでそのあと生徒から怒られボロが出てしまったところが弱点の1つでしょう。

そのお詫びに殺せんせーは豚の丸焼きみたいな状態で縄に縛られて暗殺されるという大チャンスを得ました。

そのときは倒せませんでしたがハプニングもありかなり殺せんせーがテンパっていたのでカッコつけた殺せんせーの後は倒すチャンスなのではないでしょうか。

現在暗殺教室のアニメではこれくらいの弱点が出ています。

松井優征さんの暗殺教室の前の作品の魔人探偵脳噛ネウロのネウロはほとんど弱点といったものはなかったのですが今作品の殺せんせーは弱点が多くてまだまだ増えていくと思います。

色々と強いキャラクターが殺せんせーを暗殺しに来るのですが最終的に殺せんせーを倒せるのはこういった弱点をよく知っているE組の生徒なのではないでしょうか。

エムキャス