声優の給料ってどの位?かなりギャラに格差があるみたい

今や声優志望者は年間5000人を超えていると言われ、テレビで活躍する声優さんは本当に狭き門を突破した方々ばかり。 更にそんな中から安定して声優として活動していくのは簡単な話ではなく…なかなかに厳しい現実が待ち受けています。 ここでは声優さんの給料、いわゆるギャラについてまとめてみました。

そもそも声優さんのお仕事とは?

声のプロフェッショナルとして日々活躍する声優。

アニメだけでなくゲーム、映画、ドラマ、吹き替え…そしてテレビCM、テレビ番組のナレーションなど声に関する事なら何でもやっています。

かつては役者からの転向が多かった声優業界ですが、現在の主流派となっているのは声優養成所や専門学校を卒業して声優となるケース。

もちろん、子役や役者から声優転向するケースもまだまだありますが、現在アニメを中心に活躍する若手声優の多くは養成所や専門学校から声優となった人たちです。

新人声優の1本のギャラは1万5000円也

声優として活動する人のほぼすべての人が声優事務所に所属しており、声優として活動する場合は日本俳優連合にも加盟することになります。

そこで規定として定められているのが「外画動画出演規定」というもの。

新人としてデビューした声優は3年間は「ジュニアランク」に部類され、30分のアニメ番組では一律1万5000円と決められています。

この規定、どんなにセリフ量が多かろうが少なかろうが関係なし。
なので、デビュー間もなくして人気が出た声優さんは多くの現場をひっきりなしに移動してたくさんのアニメに出ているそうな。

ちなみに、ここから更に事務所に手数料などいろいろ差っ引かれて手取り分となるともっと減るそうです…。

声優界のギャラはランク制

新人期間である3年がめでたく経過するとそこからは年数に応じてランクが上がっていくシステムが声優界では採用されています。

これは出演本数や演技の上手い下手に関係なく年功序列でどんどんと上がっていくのですが、ランクだけ上がっても実力や人気がないと収録現場に呼ばれなくなってしまいます。

また、ジュニアランクの頃は1万5000円で使えていたものがギャラが上がってしまったために使いづらくなる…なんてこともあるそうなのでなかなか難しくもあり、ちょっとシビアなシステムと言えそうです。

最終的には30分アニメの1話あたり4万5千円まで上昇しますが、更にその上のノーランクまで到達するとギャラに関する規定がなくなり自由交渉によってギャラが決定します。

と、ここまで色々と書いてきましたが日本俳優連合に所属していない声優さんもいるので、そういう場合は例外となっているようですね。

アニメ以外のギャラは?

声のプロフェッショナルである声優さんですから人気が出てくればアニメや吹き替え以外の仕事を請け負うこともあります。

1本あたりの単価が高いのがテレビCMや番組のナレーション。
キャリアやCMによってギャラは変わってきますが、平均的に数十万のギャラが発生しているそうです。

特にテレビCMはかなり高額のギャラが発生しているようで、よくCMで声を聞く山寺宏一さんは年収2000万程度だと言われています。

他にギャラが高いお仕事がパチンコ、パチスロやゲームへの出演。

ゲームなどでは文字数換算での支払いが普通であり(1文字あたり10円…など)、それ故にアニメより稼げるパターンも多いそうです。

多くの方が気になる声優さんの給料まとめでした。

声優業のみで生活していくのはかなり大変…というか声優になることすら難しい世界であり、トップクラスの声優になるのがどれほど大変か痛感しますね。

それでも声優になりたい!と夢を持つ人は増え続けており、これからも依然として狭き門であり続けるであろう声優業界です。

エムキャス