声優アフレコを無料で体験!えとたま声優ワークショップに潜入してみた

PR

アニメ好きなら誰でも憧れる声優という職業。 夢として持っているものの、中々実際は難しいと考えている方も多いのではないでしょうか。 そうした中で、声優のアフレコを誰でも体験できることをご存知ですか? 今回はそんな声優アフレコを無料でできるワークショップをご紹介します。

声優体験ワークショップって?

今回お邪魔したのは、総合学園ヒューマンアカデミー パフォーミングアーツカレッジが実施している「えとたま声優ワークショップ

えとたまというと、TOKYO MX等で放送している人気アニメですが、そのえとたまのワンシーンに声をあてることができるというイベントです。

アニメ公式サイト:http://etotama.com/

実際にテレビ等で放送されていたアニメ作品にアフレコができるというのは嬉しいところですよね。

まずはガイダンス

体験ワークショップに集まった皆さん
今回集まった方は15名。

現役の声優の方を講師として迎え、まずはガイダンスがスタートしました。

ここではワークショップの流れから、声優としてアフレコをする際の注意点が説明されます。

その中には台本をめくる音がマイクに入らない様に静かにめくることや、自分の順番が来たら、前の人とスムーズに入れ替わることなど、声優のアフレコ現場ならではの注意も。

この後、キャラクターごとの担当が決められいよいよワークショップのスタートです。

台本の読み合わせ

真剣な表情で台本を確認
自分の役柄が決まった参加者は早速台本を確認。

台本は実際の現場で使われたもののコピーを使用しています。
そのため全て教科書のようにキレイに書かれている訳ではなく、ところどころにボールペン等での修正が入っています。

そうした修正箇所を確認しつつ、間違えないようにしっかりと自分の役を演じるため皆さん真剣に台本の読み合わせを行っています。

いよいよアフレコスタート!

台本とタイミングの確認が終わったら、ついにアフレコがスタート。

8人ずつ2班(1名2班に参加)に分かれて、えとたまのワンシーンを演じます。

映像を見ながらアフレコ
皆さん真剣に自分の役を演じていきます。

ただ、最初だからということもあり中々タイミングが合わない様子。
セリフを言い終わるのが早くなってしまい、沈黙の中でアニメキャラクターが口を動かしている様な状況が続きます。

そして一通り終わったところで、講師からの指導が入ります。

現役声優の講師からアドバイスを受ける
タイミングや感情の込め方など、実際のアフレコを見た上でアドバイスをしていきます。

そうした講師の方の指摘を取り入れ、再度チャレンジする参加者の皆さん。

今度は前よりもタイミングが合ってきて、笑顔が見えて来るようになりました。

再びアフレコに挑戦
全部で3回×2班の計6回アフレコを実施。

3回目にはもう本物の声優さながらの演技を見せる様になり、急激に成長をしていました。

実際にアフレコをし、現役声優にアドバイスをもらえるからこその上達ぶりかもしれません。

そして最後に、質問タイムとして声優として活躍されている講師の方へと相談の場となりました。

講師との質問タイム
質問時間では声優としての日々の過ごし方や体調不良の際の対処法など様々な質問が飛び交いました。

実際に声優を目指しているからこその具体的な質問が多数あり、参加者の方の本気度が伺える時間でした。

そして、2時間のワークショップはあっという間に終了。

実際にアフレコを体験したことによって、声優になるためのイメージが具体的になった様子。

今後この中から声優としてデビューする方が出てくるのか注目したいところです。

声優体験ワークショップは全国で開催中!

こうした声優体験ワークショップは現在全国各地で開催されています。

アフレコを体験してみたい!という方は是非一度参加してみてはいかがでしょうか。



また、他にも有名声優によるワークショップも行われているのでご覧ください。

声優を志望しているものの、中々一歩を踏み出せないという方は一度こうした体験から参加してみることで雰囲気を掴めるかもしれませんね。

エムキャス