専門学校から声優ってホントになれるの? ヒューマンアカデミーに本音を聞いてみた

PR

「専門学校から声優になれる人なんてほんの一握り」。そんな話がインターネット上ではよく上がります。 しかし、本当にそうなのでしょうか。今回はそんな疑問を元に、声優専門校の大手である、総合学園ヒューマンアカデミーさんへとお話を伺いました。

総合学園ヒューマンアカデミー パフォーミングアーツカレッジ 入学事務局 外英治さん
声優の専門学校を出て本当に声優になれるのか。

そんな疑問を持っているアニメファンも多いはず。

ならば直接聞きにいこうと今回伺ったのは専門校の大手総合学園ヒューマンアカデミーパフォーミングアーツカレッジ 入学事務局の外(ほか)英治さん。

早速声優専門学校の実態を聞いてみました。

※パフォーミングアーツカレッジ:声優、俳優、タレント、歌手などを目指す学科。東京、名古屋、大阪のほか、北海道から沖縄まで全国14カ所に校舎がある。

質問1:卒業者の何割が声優になれるの?

大宮校の教室にてインタビュー開始。
まずは一番気になるところ「卒業者の何割が声優になれるの?」を聞いてみました。

- 卒業生の何割が声優になれるんでしょうか?


業界に入っていくという意味では8割方いきます。


- 8割いくんですか


ただその内訳としては
大体2、3割の方がマネジメント合格。いわゆる仕事がもらえる状態になります。

そして5割があくまでも養成所としての合格です。

そのため業界輩出率という点は8割になりますが、そこからまた上がっていくには戦いの中で勝っていく必要が出てきます。

※マネジメント合格:プロダクションとの契約状態。準所属などの育成期間や所属状態に入ること

- やはり全員がプロダクション契約になるわけではないんですね


はい。ただ、昨年度の卒業生ですでにCMのナレーションをしている方もいます。

その方などは正式な所属として活動しています。

質問2:最初から養成所へいけば良いのでは?

質問に応える外さん
でも卒業者の5割が養成所へ行くのであれば、最初から養成所へ行けば良いのでは?という疑問が出てきます。

その辺りを伺ってみました。

-5割が養成所へ行くなら、最初から養成所に直接行けば良いのでは?


確かに専門を飛ばして直接いった方が、という話があることも事実です。
それで事足りる方はそれで良いと思います。

けれど専門学校の役割というのは大きく分けて3つあります。

1つ目は「基礎を固める場所」です。
養成所の場合、一般的に2年目に進級する時点で半分以上がクビとなります。
それに耐えうるだけの力を身につける場所が専門学校になります。

2つ目は「いろんな経験を積んで方向性を固める場所」です。
養成所に入る=将来そのプロダクションに所属するということにもなります。

プロダクションによってアニメが強い、ナレーションに強いなどの特色があるのですが、
それを分からず最初から養成所へ入ってしまうと後で方向性が違ったと後悔することにも繋がります。

3つ目は「出会いの場所」です。
まだ自分に合った活躍の場所が分からなかったり、意識が甘い方に対してプロ達との出会いの場所を作っています。プロの現場でのインターンやセミナー等を通じてプロ意識を高めてもらいます。

そして何よりも『丁度あなたのような人材が欲しかった』というプロダクションとの出会いの場になる、ということです。

いきなり養成所に行っても、基本その上部のプロダクションとの出会いしかない。
それが専門学校だと『学内オーディション』という形で、複数のプロダクションに見てもらえる。

大学入試で例えると、滑り止めを受けない専願と、数十校併願で受ける差、みたいなものですね。

こうしたことを通じて理想と現実とのギャップをなくすという意味合いでも最初に専門学校に入るということも良いと思います。

また養成所に長年通う人や転々と移る方もいますが、それなら専門から養成所にいって4年間で白黒つけた方が良いでしょう。

質問3:声優になれる人となれない人との違いは?

-声優になれる人となれない人との違いは何でしょうか?

一言で言うと人間性ですね。

プロダクションのマネージャーと話をしても同じ答えが返ってきます。
というのも実力というのは最低限のものさえあれば、後は現場のなかでも身につけられます。

けれど人柄や人間性がそれについていかないと声優としての商品価値がない。商品価値がないとプロとしては意味がありません。

最終的に成功するか左右されるのはこうした人柄や人間性の部分になると思います。


-なるほど。人間性とは具体的にどういったものなのでしょうか


私は7つあると思っています。
1:コミュニケーション能力
2:決断力
3:サービス精神
4:向上心
5:ポジティブシンキング
6:ストレス耐性
7:瞬発力
の7つです。

声優としてうまくいっている人とダメな人は、この7つの人間性が身についているかいないかと言っても過言ではありません。

もちろん専門学校では基礎も教えますが、スキルは誰でも時間をかければ磨かれます。
そのため人間性を身につけることが役割だと思っています。

アフレコ授業の様子。皆真剣な表情で現場に立ち、学んでいる。

-ちなみに…声優になれなかった人はどうなってしまうのでしょうか。


7つの人間性を身につける努力さえしていれば、たとえ声優の道を諦めたとしても社会人としての素地が身につきます。

例えばコミュニケーション能力や決断力などは声優業界だけでなく全ての業界で共通することですよね。

実際にこの人間性を鍛え、声優の道から転身し営業や販売といった職業で活躍をされている卒業生もいらっしゃいます。


-何か具体的に取り組まれていることはありますか?


例えばプロの声優とのワークショップや講師との会話・セミナーや、マネージャーや代表を招いて模擬オーディションを行うなど、業界人と話をする機会を多く設けています。

とにかくプロの声優としてやっていくためには意識を変えていくことが大切です。意識が変われば行動が変わっていきます。

どのようにしたら学生の意識を変えることができるのかを日々模索しています。

質問4:声優になれる人を増やす取り組みは何かあるの?

力を込めて話す外さん

-声優になれる人を増やすための取り組みを教えてください


ヒューマンアカデミーではインターンやワークショップ等を増やすことに注力しています。インターンでアフレコの現場やナレーション、アプリや舞台の仕事を経験してもらっています。

そうした活動は履歴書にも書けますし、オーディションでのアピールにも繋がります。


-他にヒューマンアカデミーならではのメリットも教えてください。


他には学校法人でないということもありますね。

学校法人の専門学校だと、どうしても平等の精神から皆に機会を与える必要があります。ヒューマンアカデミーは学校法人ではないため選抜することができます。

実際、声優という業界自体もそうした競争の社会です。

ヒューマンアカデミーは職業訓練校という立ち位置でこうしたことを行うことで、競争意識を持ってもらうことができます。


-プロダクションに所属するための取り組みを教えてください。


他の専門学校の多くが、年に1回、大きな会場を使用してオーディションを実施しています。

ヒューマンアカデミーでは約2ヶ月間かけて、85社以上のプロダクションに1日一社ずつ来て頂いています。

中には、地方の校舎まで審査に行って頂くプロダクションもあるので、地方の校舎でも所属合格を狙うことができます。

最後に:声優を目指そうとされる方へのメッセージ

声優という職業は憧れだけではめざせない業界です。
だからこそ現実を知って欲しいと思っています。

専門学校へ通う場合でも、レッスンを受けることが何につながるのかを常に意識して取り組んでください。

正直、専門学校のカリキュラム内容はどこもそんなに変わりません。

とにかくプロとしてやっていくための意識を持てるかどうかの差が大きくなります。

そしてその意識を持ってもらうための問題提起や出会いの場を作るといったことをヒューマンアカデミーでは全力で行っていきます。

時には諦めさせるのも私の仕事だと思っていますが、一歩踏み出すきっかけとして、体験レッスンや相談会を行っています。

自信がなくてもいいです。経験がなくてもいいです。
とにかくやる気を持っている方であれば、プロになるためにはどうすれば良いのか、をとことんアドバイスしますので、是非一度参加してみてください。

詳しいパンフレットを配布中!

そんな総合学園ヒューマンアカデミーでは現在2016年4月入学に向けたパンフレットを配布中。

本気で声優を目指す人は無料で取り寄せをしてみてはいかがでしょうか。



ちなみに体験授業や、学校見学も随時募集しています。
外さんに会ってもっと話をしたいという方は体験授業への申し込みをどうぞ。

<全国14カ所から業界デビューを目指せる!>

■各校舎連絡先
【札幌校】 TEL 0120-52-3860
【仙台校】 TEL 0120-050-459
【大宮校】 TEL 0120-992-038
【柏校】  TEL 0120-992-848
【渋谷校】 TEL 0120-297-428
【横浜校】 TEL 0120-491-458
【静岡校】 TEL 0120-948-602
【名古屋校】TEL 0120-491-758
【大阪校】 TEL 0120-06-8601
【京都校】 TEL 0120-94-1010
【神戸校】 TEL 0120-495-338
【広島校】 TEL 0120-2640-78
【福岡校】 TEL 0120-49-1055
【那覇校】 TEL 0120-55-7815

※電話の際には「アニプラの記事を見た」というとスムーズです。

エムキャス