【青春×機関銃】立花蛍がボーイッシュで可愛い!男の娘じゃないよ!

サバイバルゲームがテーマとなっているアニメ「青春×機関銃」。 タイトルの読みは「せいしゅん」ではなく「あおはる」…と、扱うテーマもタイトルもちょっと珍しいパターンの作品です。 サバイバルゲームがテーマと言うと男性アニメファン向けという感じですが、本作は女性を意識して制作された作品となっています。 登場する男性キャラクターはイケメンばかりなのですが、そんな中で主人公として登場する立花蛍はれっきとした女の子。 ここでは、ボーイッシュで可愛らしい立花蛍についてまとめました。

男子生徒と同じ格好をする女子生徒

画像だけ見ると男の子のようですが立花蛍は女の子。
いつも男子用制服を着ているので男装キャラとも言えますね。

一人称が「わたし」や「ボク」ではなく苗字の「立花」となっていて、さらに言動も男の子のようなのでより男っぽくなっています。

演じる声優さんは「ガンダムビルドファイターズ」主人公のイオリ・セイや「はり俺の青春ラブコメはまちがっている。」で中性的な男の子で最強ヒロイン、戸塚彩加などを演じてきた小松未可子さん。

螢を演じるにあたってはやや少年寄りの演技となっていますね。

一見すると男子と女子が仲良くしている画像ですが女の子同士。

親友の矢島鼎(やじまかなえ)はもちろん螢が男子だと知っていますが、他の大多数の生徒は螢を男子生徒とは知らないようです。

生徒会長としても活動する立花蛍は正義感の塊であり、校内で何か問題が起これば即座に行動、問題解決にあたっています。

この2人、ただの友人関係と思いきや鼎の方は蛍に友達以上の感情を持っている気配があり…?

色々な勘違いからサバイバルゲームをやる羽目に

親友の鼎がホストに騙された…との勘違いをしてホストクラブに単身乗り込む蛍。
そこで鼎の相手をした、と出てきたのは売れっ子ホストの松岡正宗。

この問題は彼の趣味であるサバイバルゲームで決着させる流れになり、2人はホストクラブ内で激しいバトルを繰り広げますが…バトルの結果、蛍は正宗に敗北。

負けたらなんでも言うことを聞くという条件だったので、蛍は正宗が主催するサバイバルゲームのチームに強制的に、店の一部を破壊してしまったのでその借金を返済する意味も兼ねて加入するのでした。

最初は興味なさげだったけど割とノリノリ

最初は嫌がってるようでしたが、着替えてトイガンを持つと割とノリが良い蛍。

正宗が蛍をチームに迎え入れた理由は「筋が良さそうな男の子だったから」と言うものであり、借金も問題となっているので蛍は女であることを隠してチームに加入しています。

他の男性キャラクターで女子と気づくキャラはいるのですが、松岡正宗ともう1人のチームメイトである雪村透も彼女が女であることには気づいていないようです。

立花蛍が使用したトイガン

立花蛍がホストクラブでの対決時に使ったトイガン、つまり最初に使ったトイガンはハンドガンのワルサーP38。

「ルパン三世」でルパンが使う銃としてもお馴染みの銃ですね。

第2話のサバイバルゲームで使用したのはH&K MP5A5。

世界で最も使われる短機関銃とも言われるMP5ですが、トイガンでの魅力はなんといってもその軽さ。

長物(ライフル銃など)では重さが2kgを超えるのは当たり前のトイガンですがMP5A5は約1.8kgと比較的軽く、女の子の蛍が持ってもそれほど負担にならないでしょう。

立花蛍がメインアームとして使うことになるH&K G3 SAS HC。

こちらの銃は実在する銃ではなく、大手トイガンメーカーの東京マルイが発売した架空銃なのですが、取り回しやすさを重視した短さと軽さが特徴となっています。

蛍はこの銃をいたく気に入っており、「伍嶋さん」と名づけて可愛がるなど彼女と相性の良い銃となっています。

女子なので小柄な肉体ですが、男子顔負けの運動能力でサバイバルゲームにのめり込んでいく主人公の立花蛍。

仲間の松岡や雪村に隠してきた性別がバレてしまう日が来るのか気になってしまいますが、松岡との仲もどうなっていくのか気になる所です。

サバイバルゲームの魅力を女性アニメファンに広めるきっかけにもなりそうな「青春☓機関銃」主人公、立花蛍についてのまとめでした。

エムキャス