「モンスター娘のいる日常」ミーア抱き枕が等身大サイズで発売!驚きの全長7m!

ヒロインたちとのハーレム生活を描いた「モンスター娘のいる日常」はただのヒロインではなく、亜人種と呼ばれる異形の女の子が数多く登場するのが特徴的です。 メインヒロイン格として登場するラミア(蛇女)のミーアは下半身がまんま蛇。 それ故に全長は7mを超える大きさであり、かなりの迫力があります。 そんなミーアの等身大抱き枕…いや、巻き枕が2015年夏のコミックマーケットで発売、との事でネットでは大きな衝撃と関心が寄せられました。 モンスター娘好きなら欲しくなる巨大抱き枕についてのまとめです。

ミーアってどんなモンスター娘?

蛇女のミーアは主人公、来留主公人(くるす きみひと)の家にホームステイでやってきたモンスター娘の1人であり、公人の優しい人柄に触れて即落ち。

以降、公人を正式な夫に迎えるべく持ち前の情熱的な性格で迫りますが、次々と増えていく他のモンスター娘の攻勢もあってなかなか思うようにはいかないようです。

公人を「ダーリン」と呼び、彼のために色々頑張りますが、蛇の下半身で思い切り公人を締め付けるなど(危害を加える意図はありませんが)、過度な愛情表現とも言える巻きつきのスキンシップはなかなかに強烈と言えるでしょう。

全長7m、異例の大きさを誇る限定等身大抱き枕

抱き枕が出るというだけで少し驚きですが、それが等身大サイズという事は輪にかけて驚きの情報です。

上半身こそ美少女のミーアですが、ご覧のように下半身は蛇。
抱き枕のほとんどの部分を占めるのが蛇の下半身ですから、このコンセプトは非常に斬新です。

正式な名称は抱き枕ではなく巻き枕。
これだけのサイズですから枕に詰める本体が4つは必要になってしまい、枕カバーだけでなく本体代でもなかなかの出費となりそうです。

巻き枕は2015年夏のコミケで発売!

2015年、夏に開催されるコミックマーケット88ではこの抱き枕だけでなく、様々なグッズの販売も予定されています。

肝心の限定抱き枕のお値段は税込みで10万円。

公式に販売される通常サイズの抱き枕の相場が1万円前後ですから、それと比べると遥かに高いですがサイズも手間も通常抱き枕の何倍もありますから、そう考えると高くはない…ような?

原作者オカヤド先生の描き下ろしイラストですから、ミーアファンならば手に入れたい所でしょうけど、これを実際に使いこなすのはかなり難易度も高そうですね。

7mってどのくらい?

7mと言うとなかなか想像しづらい大きさですが、各種ロボットアニメのメカと比べるとこんな感じとなっています。

一般的に小さいロボットと言われる「聖戦士ダンバイン」のダンバインとほぼ同じサイズとなっていますが、ミーアはロボットじゃないですから…やっぱりこの抱き枕、デカいです。


ちなみに、同じく7mと言うとこんなものも。

アニメ「進撃の巨人」でハンジ達に捕縛された7m級巨人のビーンもだいたいミーアと同じサイズ。

圧倒的に大きくて存在感を発揮するであろうミーア抱き枕は熱心すぎるファンのみが手にできる幻の限定商品となりそうですね。

普通の抱き枕ならば普通に抱きついて寝る事が一般的ですが、このミーア抱き枕の場合は逆に巻きつかれて使用するのが最も正しい使用方法でしょうか?

アニメ本編の公人のような体験をしたい!という上級者なファンでしたら固めの素材を入れて、絞めつけられる感覚を味わう、なんて楽しみ方をしそうな予感もします。

様々な使用法に夢が膨らむミーア抱き枕ですね。

エムキャス