「Charlotte」にはプロ野球ネタが多い?横浜DeNAベイスターズの選手名が頻出!

「Angel Beats!」で大人気を博したKeyスタッフが多く絡んでいる事から、話題となっている「Charlotte」。 特定の若者だけが持つ特殊能力が物語の鍵となり、主人公の乙坂有宇も「他人の意識を一瞬だけ奪うことができる」という能力を持ちます。 そんな「Charlotte」、なぜか登場人物にはプロ野球関係者の名前が多く、とりわけ横浜DeNAベイスターズの選手の名前がズラリと並んでいます。 ここでは「Charlotte」とプロ野球の謎の繋がりをまとめました。

主要登場キャラにプロ野球関連の名前

プロ野球ファンならばすぐに気づくことですが、主要な登場人物はみな横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手の名前になっています。

主人公の乙坂有宇はイケメン外野手の乙坂智選手。
ヒロインの友利奈緒は2013年シーズンまで投手コーチを務めた友利結コーチ。
友人の高城丈士朗は若手キャッチャーの高城俊人選手。
そしてアイドルの西森柚咲は育成ドラフトから這い上がった西森将司選手。

西森柚咲の場合は芸名で、本名は黒羽柚咲と言いますが、ベイスターズには捕手で黒羽根選手がいますから…やっぱりベイスターズ関連の選手だらけですね。

更に、第1話には陽野森高校の人気女生徒、白柳弓やその友人の三嶋と言うキャラも出てきましたがこの2人も勿論、横浜関連の選手の苗字です。

隙あらばベイスターズ

主人公の乙坂有宇が最初に所属していた陽野森高校でのテスト結果。
1位から4位まで、横浜ベイスターズの選手でビッシリです。

2位の内川聖二は現在はソフトバンクホークスで活躍する内川聖一選手。
3位の山本省子は2013年に引退した元投手の山本省吾選手。
先ほどもご紹介した4位の白柳弓は横浜ベイスターズの前身である大洋ホエールズに所属した白柳和吉選手がおそらく元ネタでしょう。

割かしメジャーな横浜関連の選手から、かなりマニアックな古い選手まで色々なネタを挟んでくる「Charlotte」です。

同じネタは期末テストにも。

2位の梶谷隆史は現在横浜DeNAベイスターズで活躍する梶谷隆幸選手。
3位の大沼幸一は2012年に引退した元投手の大沼幸二選手。

野球ファンの間では割とネタになった有名人の2人ですが、一般的な知名度はほとんどないのでこのシーンではプロ野球ネタと気づかない方も多いでしょうかね?

Key作品お馴染みの野球回も

Key作品(と言うか麻枝准さんが脚本した作品)では野球をする野球回が必ずと言っていいほどに挿入されますが、「Charlotte」でも第4話でしっかりと描かれました。

野球回では超高校生級のピッチャーという触れ込みで福山という高校生が登場しましたが、彼の名前の元ネタはおそらくは元横浜ベイスターズで現在は東北楽天ゴールデンイーグルスで活躍する福山博之投手。

ちなみに、相手高校は関内学園と言う名前でしたが、これは横浜DeNAベイスターズの本拠地がある横浜スタジアムの最寄り駅、関内駅が元ネタでしょうかね?

本作のシナリオライターであるkeyの麻枝准さんは「Angel Beats!」でも野球回をシナリオに盛り込むなど野球への情熱を感じさせるライターですが、やっぱり御本人も野球好きだそうです。

特にプロ野球では横浜ベイスターズが好きだそうですが、作中にこれだけ横浜DeNAベイスターズの選手(の名前のキャラ)が登場するとそれも頷けますね。

新たに登場するキャラはまだまだいそうですが、そのほとんどが横浜関連…そんな気もしてくる「Charlotte」でした。

エムキャス