2015年夏はショートアニメが沢山!短くても面白いオススメ作品まとめ!

10分、5分、3分と枠は色々ですがここでは通常の30分枠ではない2015夏のショートアニメをまとめました。 ショートアニメはジャンルとしては短時間で見せ場をつくって落とす事ができるギャグものが多いのですが、特に今シーズンはちょっとした空き時間で気分転換できる作品が揃っているようです。 あまり予算が割かれていないために作画にはそれほど期待できませんが、その分を補うかのように熱演する声優さんの存在感が光るショートアニメについてまとめました。

わかば*ガール

まずは、30分枠に3つの別々のアニメが8分程度で詰め込まれたウルトラスーパーアニメタイムより、「わかば*ガール」。

「きんいろモザイク」で一躍有名になった漫画家、原悠衣さんの描く日常系4コマ漫画であり、世間ズレしたお嬢様の主人公、小橋若葉とその友人たちの物語となっています。

今回ご紹介する中ではゆる〜い雰囲気の萌えアニメなので、どんなアニメファンでも抵抗なく受け入れる事ができるアニメと言えそうです。

ミス・モノクローム The Animation 2

同じくウルトラスーパーアニメタイムの1枠で放送される「ミス・モノクローム The Animation 2」。

2013年に放送した「ミス・モノクローム The Animation」の2年ぶりの続編は1期と同じくトップアイドルを目指して奮闘するアンドロイド、ミス・モノクロームの物語。

コンビニバイトをしながらアイドルを目指す…と言うといやにリアリティのあるアイドルアニメですが、内容はコメディ一辺倒で重苦しさは全くない笑える作品となっています。

うーさーのその日暮らし 夢幻編

ウルトラスーパーアニメタイム最大の問題作。

ファンシーなデザインですが、中身はそんな可愛らしさの欠片もない「うーさーのその日暮らし 夢幻編」。

メインキャラのうーさーの声を宮野真守さんが演じている…と言うだけでもう異様なのですが、中身も邪悪なネタとギリギリのパロディネタのオンパレードで…本当に可愛らしさがありません。

絵柄だけで敬遠する方は多いのですが、これで3期目となるだけあって根強いファンに支えられる密かな人気作ですね。

てーきゅう(第5期)

人気が人気を呼んでついに第5シーズン放送開始。
2015年春の第4期から引き続き放送となるギャグアニメ「てーきゅう」。

放送枠は3分程度、実質的な本編は2分ちょっとですがその2分があまりにも濃く、すごい勢いで展開するテンポの良いアニメです。

テニス部に所属する4人の女の子たちの部活動を描いていますが、テニスなんてほとんどやっていないので普通の(というにはあまりに異常な)日常モノと言えますね。

洲崎西 THE ANIMATION

女性声優、洲崎綾さんと西明日香さんがパーソナリティを務める人気ラジオ番組、「洲崎西」がまさかのアニメ化。

作中に登場するメインキャラクターは洲崎綾さん、西明日香さん御本人で中の人ももちろんお二方が担当しています。

「洲崎西」リスナーならばニヤリとしてしまう定番ネタや逸話がアニメでも再現されていますが、リスナーでなくても単純に笑える話が多いのでオススメの5分アニメとなっています。

ビキニ・ウォリアーズ

5分枠のエロ枠なのですが、ギャグもかなりキレている「ビキニ・ウォリアーズ」。

あまり動かない作画なのですが、それでも胸だけは揺れてたりアングルにこだわったカットなど気合の入れどころをわかっています。

「ドラゴンク○スト」まるパクリの際どいロゴや音楽、そしてRPGゲームあるあるを盛り込んだネタなど、意外なほどに笑えてエロい注目の作品の1つです。

怪獣酒場 カンパーイ!

特撮作品「ウルトラマン」シリーズに登場する怪獣たちが集う酒場での毎日を描いた3分アニメ「怪獣酒場 カンパーイ!」。

可愛いデザインの怪獣たちによる脱力系コメディとなっていて、怪獣の元ネタを知らなくても笑える癒やしの3分間です。

ウルトラマンシリーズのファンならば登場する怪獣を見て「あ、ササヒラーだ」とか「お、ケムール人」…と見つけるのも楽しいですね。

ナレーション役が「ウルトラQ」や「ウルトラマン」でナレーターを務めたあの名優、石坂浩二さんというのもオールドファンには嬉しいキャスティングです。

短時間で楽しませれくれるショートアニメは本数がどんどん増えているようですが、特に日常系4コマ漫画などはショートアニメにかなり適した題材だと思うのでもっと増えると良いですね。

逆に、30分枠が必要なのか?というモノも今は増えているので、枠の使い方もこれからのアニメ業界の見所となっていくかもしれません。

シリーズ物も多い、2015年夏のショートアニメまとめでした。

エムキャス