「それが声優!」ってどんなアニメ?落合福嗣さんもアニメ声優デビュー

2015年の夏アニメは期待作、話題作がたくさん。 リメイクされる「うしおととら」、待望の新作「ドラゴンボール超」、そして再び始動する「デュラララ」などがよく名前が挙がりますが、密かな注目作として話題を呼んでいるのが「それが声優!」。 声優の浅野真澄さんが原作者であり、イラストを担当したのが「ハヤテのごとく!」で知られる畑健二郎先生…と、この組み合わせだけでもちょっと面白いのですが、そんな2人が生み出した「それが声優!」は声優界あるあるが詰め込まれたお仕事モノとして描かれいます。 今回は「それが声優!」の見所と出演する声優についてご紹介します。

華やかに見える声優の舞台裏を描く!

前述したとおり、原作者は声優として第一線で活躍する浅野真澄さん。

ラジオでの暴走気味なトークに絶大な定評のある面白お姉さんですが、実は作家(名義はあさのますみ)としても活動するなどマルチな才能を持った声優さんです。

そんな浅野さんと「ハヤテのごとく!」の作者である畑健二郎先生が一緒に立ち上げた同人サークルはじめまして。から全てが始まった「それが声優!」は声優業の舞台裏をリアルに描いた意欲作。

現役の人気声優であり、様々な苦労を重ねてここまで登り詰めた浅野真澄さんだからこそ伝えられる本音も見え隠れしていますが、そこがリアリティに溢れていて面白さを演出していると言えるでしょう。

アニメ界を舞台にした作品は今までもあったが…

最近ではアニメーション制作の現場を描いたP.A.WORKSの「SHIROBAKO」の大ヒットが記憶に新しいですが、それと同じくお仕事モノの一種である「それが声優!」はアニメ界の中でも特に声優界を中心に描いています。

それまでにも声優界を描いたアニメは存在しており、ちょっと懐かしい「REC」や「こえでおしごと!」などがありましたが、この2つに比べてよりお仕事モノ寄りなのが「それが声優!」。

なんせ原作者が現役の声優さんですから、華やかに見える舞台裏で起こっている出来事や厳しい現実、そして時には裏事情などの面白話や黒い話も多々あります。

「それが声優!」はこれから声優を目指す方、声優業界に憧れる方のバイブルとなるのでしょうか?

キャストには新人声優多数!

物語はそれぞれ境遇、事務所の異なる3人の新人声優を中心に展開。

劇中では声優ユニット・イヤホンズを結成する3人に合わせてキャスティングされたのは新人の声優さんです。

しかし、脇を固めるメンバーには浅野真澄さんと仲の良い生天目仁美さんや小清水亜美さんなど中堅声優を多く起用しているので、そこで安定感がグっと増しているように感じます。

原作者である浅野真澄さんはメインキャストにクレジットされていないようですが、どこかのタイミングでアニメ出演もありそうですね。

主人公、一ノ瀬双葉を演じるのはキャリアの浅い新人声優、高橋李依さん。

一ノ瀬双葉は就職活動に疲れた末に声優業界に飛び込んだ…という設定であり、キャリアも何もない天然気味なド新人声優。
キャリアもコネもない駆け出しなので声優としての仕事はほとんどありません。

メガネっ娘な彼女が過酷な声優業界で様々な人間出会い、成長していく姿に注目です。

現役中学生声優であり、5才の頃から子役として活躍していた小花鈴 を演じるのはこちらも新人声優、高野麻里佳さん。

後に3人で結成する事になる声優ユニット・イヤホンズでは最年少メンバーながらリーダー的なポジションを務めるなどしっかり者です。

鈴は新人声優ではありますが、10年も芸能界にいたおかげで顔が広く、その影響で起こる色々な出来事に苦悩する事になります。

お姫様チックなルックスで、主人公の双葉とほぼ同時期に活動を開始した萌咲いちご。

唄って踊れるアイドル声優を目指す彼女を演じるのはやっぱり新人声優の長久友紀さん。
今回「それが声優!」で出演する新人声優の中ではキャリア的にはもっとも浅い声優さんでしょうか?

いちごは芸名にするほど苺が大好きであり、フリルの服を好むなど可愛モノ好きな一面がありますが、本名だけは絶対に明かしません。

落合福嗣さんもアニメ声優としてデビュー!

数々の球団を渡り歩いたプロ野球界のレジェンドであり、三冠王を3度も獲得した伝説の男、落合博満さんの息子として有名な落合福嗣さん。

浅野真澄さんが所属する声優プロダクション、青二プロに所属している落合福嗣さんは名前のない端役ではありますが、今回の「それが声優!」でプロのアニメ声優としてデビューを飾ります。

それまでゲームや吹き替えに出演経験はありましたがアニメ声優はこれが初。

幼少時からやりたい放題で苦言を呈されることが多かった落合福嗣さんですが、実はアミューズメントメディア総合学院東京校声優タレント学科を卒業しており、この映像を観る限りでは声優として全く違和感のない演技をしているのでこのまま声優として定着する可能性も高そうですね。

父親の落合博満さんもガンダム好き、アニメ好きとして野球ファンには知られていますが、そんな父親にダメ出しされることもあったとか。

やり手として知られる浅野真澄さんが原作者である「それが声優!」ですが、まず落合福嗣さんを起用してマスコミの目を集めるやり方は流石と言いますか、浅野さんならやりそうだな…という感じがスゴイします。

いや、実際の所は誰がキャスティングしたのかは不明ですけど、そういう風に動いていても全く驚かないのが浅野真澄さんの浅野真澄さんたる所以でしょう。

数々の話題を攫う「それが声優!」は2015年夏アニメの台風の目となるのでしょうか?

エムキャス