アニメ「サイボーグ009 VS デビルマン」が劇場公開決定!2015年10月!

石ノ森章太郎先生が描いた「サイボーグ009」、永井豪先生が描いた「デビルマン」。 共に漫画史上に残る傑作であり、アニメ化・実写化、リメイクと何度も映像化している人気作です。 単体でも人気作品ですが、そんな両作が同じ世界観でコラボするとの告知があり、どんな作品になるのか…と、アニメファンの期待は非常に高まっています。 今回は、2015年10月より劇場公開される「サイボーグ009VSデビルマン」の情報とアニメファンの反応をまとめました。

2015年10月より2週間限定公開!

人気の高い両作品と言うだけあって注目が集まりつつある「サイボーグ009VSデビルマン」。

宿命を背負った9人のサイボーグの活躍を描いた「サイボーグ009」。
悪魔の力を身につけ襲い来るデーモン軍団と戦った「デビルマン」。

共にシリアスでハードボイルドな世界観が魅力的な作品となっていますが、このコラボで両作品はどのように交わるのでしょうか?


今回の告知では2015年10月より2週間限定のイベント上映とされており、公開映画館は新宿バルト9をはじめとした全国7劇場のみ。

東京以北では公開映画館が0となっており、現時点では公開範囲はかなり限定されていますが、映画が好評ならば公開劇場が追加される可能性もあるかもしれませんね。

トレイラーも公開!制作はビーメディアとアクタス

アニメーション制作となったのは永井豪作品であるOVA版「マジンカイザーSKL 」を担当したアクタス。
そして同じく永井豪作品である「真マジンガー 衝撃! Z編」や「マジンカイザー」などを担当したBEE・MEDIA(ビーメディア)となっています。

共に永井豪作品には馴染みのあるアニメーション制作会社であり、ハードなタッチには定評がありますが、このトレイラーを見ただけでもかなり期待できそうですね!

ノリは東映まんがまつり?

その昔から「東映まんがまつり」などで永井豪作品はコラボレーションすることが多く、古くは「マジンガーZ対デビルマン」、「グレートマジンガー対ゲッターロボG 空中大激突」などがありましたし、同時代の特撮作品にも「ジャッカー電撃隊VSゴレンジャー」などがあり、何れのパターンでもそれぞれの作品の主役が共闘して迫り来る悪と戦うというモノでした。

従来通りのパターンで言うとVSシリーズは紆余曲折しつつも最終的には一緒になって戦うのがお決まりとなっていますが、今回の「サイボーグ009VSデビルマン」もそのパターンなのでしょうか?

お祭りモノならばそうなる可能性は高いですが、なんせ原作漫画版と思わしき「デビルマン」が絡んでいますから簡単に慣れ合いはしないハードな展開にもなりそうな気配がありますね。

異色のコラボに期待の声多数!!

作品の元ネタが古いので当たり前ですが、特に盛り上がっているのは旧作を知っている世代が中心となっているようです。

ただ、リメイクがよくされる両作品で知名度は元々高く、PVの迫力も十分ですから、映画の出来次第では若いファンを一気に取り込みそうな気配もありますね。

PVを見た限りではどうやら「デビルマン」は漫画版準拠のようであり、アニメ版「デビルマン」よりもかなりハードな展開ですから、物語は大人向けのシリアスな雰囲気となりそうです。

かつて、「サイボーグ009」や「デビルマン」を読んで、観て育った世代ならば注目せずにはいられない期待のコラボはそれ以外の世代も楽しめる作品となりそうな良作となりそうな予感がしますね!

エムキャス