黄瀬涼太が犬カワイイ!キセキの世代1番のイケメン!【黒子のバスケ】

バスケット強豪校、帝光中学校に集った5人の天才プレイヤー達は「キセキの世代」と呼ばれており、1人1人が超絶的な能力を持つスパーな選手達です。 「黒子のバスケ」において超重要人物であるこの5人は天才であると同時に強烈な個性を持ち併せているのですが、中でも比較的常識人なのが今回ご紹介する黄瀬涼太。 その手のファンからはわんこ系男子と認知されている作中トップクラスのルックスを持つ黄瀬涼太についてまとめました。

キセキの世代最高の美形キャラ!

キセキの世代…と言うか、「黒子のバスケ」で最高クラスの美形キャラとして描かれている黄瀬涼太は高校ではバスケット選手としてプレーする傍ら、中学時代からモデルとしても活動しています。

バスケットに熱中してからはモデル業はあまりやっていないそうですが、見ての通りの金髪美少年キャラですからモデルやっていようがいまいが作中内外での女子人気は非常に高いです。

ちなみに美形と言うのは公式設定。
ややベビーフェイスな所もあり、可愛さも備えたイケメンと言えますね。

黄瀬涼太の身長、体重、特徴など

身長189cm、体重77kg。
私立海常高校に通う1年生の黄瀬涼太はバスケットプレイヤーとして恵まれた体格を持っています。

「○○ッス」と体育会な語尾が特徴な黄瀬は誰と喋る時でもだいたいこの語尾。
普段から明るく、人との付き合いは得意そうですが親しくなった相手には「黒子っち」、「火神っち」など、○○っちと呼ぶようになるなど、更に仲を緊密にしています。

他のメンバーが変わり者揃いという事もありますが、黄瀬涼太はキセキの世代の5人の中では最もコミュニケーション能力に長ける人物のようです。

バスケットとの出会い

バスケットの経験はありませんでしたが、とある人物に出会った事で中学2年生の途中から帝光中学校バスケット部に入部した黄瀬涼太。

そのキッカケとなった人物とは後に同じくキセキの世代と呼ばれるようになる同学年の青峰大輝。

生まれついての天才肌で、どんな事でもわずかな時間で習熟してしまう黄瀬は退屈な日々を送っていましたが、青峰のプレーを目の当たりにした事で青峰とバスケットへの興味を持ちます。

帝光中学校バスケット部に集った天才達と切磋琢磨し、全国優勝を成し遂げた黄瀬は私立海常高校に進学後もバスケットプレイヤーとしてさらなる成長を遂げていくのでした。

バスケットプレイヤーとしての黄瀬涼太

各々が天才的なバスケセンスを持つキセキの世代のメンバーですが、中でも模倣力に優れ短期間で爆発的に成長した黄瀬涼太。

それもこれも青峰のようなプレイヤーが間近にいたからであり、彼のプレーに追いつき追い越そうと努力した事で才能を開花させていきました。

ポジションはスモールフォワードとなっていますが、様々な選手の能力を模倣してきた事もあり実質的に全ての役割をこなすことが可能なオールラウンダーです。

完全無欠の模倣

高校入学後はその模倣力が格段に進化しており、キセキの世代の技を全て使うことができる「完全無欠の模倣(パーフェクトコピー)」を会得しています。

緑間の超長距離3P(ゴール率100%)すらもコピーした驚異的すぎる能力を持っていますが、キセキの世代をコピーする事は負担が非常に大きいので仕える時間は1試合で5分と制限があるようです。

黄瀬単体でも能力は非常に高いプレイヤーですが、このパーフェクトコピーの能力でチート級のプレイヤーになったのは間違いないでしょう。

「黒子っちください」

公式エンドカードでこのイラスト、2人のカップリングは人気が高いです。
黄瀬涼太×黒子テツヤはその界隈では鉄板と言えます。
このイラストからBL人気が爆発したとも言われています。

中学時代から仲の良かった(一方的に黄瀬が好いていたようですが)2人、別々の高校に進学してからも他のキセキの世代とは違って変な距離感はありません。

キセキの世代で最も人間味溢れると言うか、常人的な感覚を持っている黄瀬涼太は普段の飄々とした雰囲気が魅力でもありますが、やはり選手としてコートに立っている時の熱い面もとても魅力的。

純粋な所もとてもカワイイ黄瀬涼太はただルックスが良いだけでなく、内面から迸る情熱にもかっこよさがあり、人気キャラになるのも頷けますね。

エムキャス