佐藤潤(佐藤さん)が寡黙でイケメン!轟八千代との恋の行方は?【WORKING!!】

待望のアニメ3期が7月から放映開始されるWORKING!!。 物語の舞台となるファミレス、ワグナリアでは一番の古株とされ、キッチンを務める大学生の佐藤 潤(さとう じゅん)の魅力をご紹介します。

1.ギャップがある

金髪で左目を隠すように覆われた長い前髪で、休憩中にはいつも加えている佐藤。

ホールの伊波からも言われてしまうようにヤンキーのような見た目をしています。

加えて寡黙なので、怖いと勘違いされてしまうこともしばしば。

しかし、力の弱い種島を助けてあげたり、風邪を引いているのに無理して働いたりなど、見た目に反してとても真面目です。

大きな身体に似合わずストレスに弱く、限界を超えてしまうと仕事を早退してしまうこともあるほどナイーヴな一面もあります。

2.優しい

バイト終わりには車でバイト仲間を送ってあげたり、店を締め出されて戻れなくなってしまった山田を心配して様子を見に行くなど、とても面倒見がいいです。

お店の食糧を勝手に食べてしまう店長には厳しいですが、限界が来たときには料理を作ってあげたりと優しくする場面も。

3.料理上手で器用

帯刀をしてないという理由だけで採用になりはじめた厨房の仕事ですふが、店のみんなに絶賛されるほどの腕前を持っています。

ストレスが溜まると種島をいじって発散させることが多く、ポニーテールをアレンジするその技術は美容師になれるとまで言われるレベルです。

ただしあまりにも調子が悪くなるとレベルが下がり、キレのないアレンジになってしまうことも。

4.一途で健気

佐藤は働き初めた頃から轟 八千代(とどろき やちよ)に恋心を寄せています。

けれど八千代は、小学生の頃から尽くし続けているワグナリアの店長である白藤 杏子(しらふじ きょうこ)の世話を焼くことに夢中で気付かずいつも報われません。

八千代の店長に対するノロケを日々聞かされ、無自覚な発言がストレスとなり胃薬と頭痛薬を服用しています。

それでも話を聞いてあげるのは、店長の話をしている時に一番良い顔をする八千代が見れるから、と大変健気です。

5.恋に対してはヘタレ、でも男らしい一面も

八千代への恋心は強いが、押しが弱く非常に奥手。
「同世代の大切な友達」と信頼されている上に、八千代の鈍感さも相まってすれ違うことが多い二人。

誕生日にプレゼントを用意しても渡せず、下の名前を呼ばれただけで同様したりとなかなか進展することができません。

それでも、店長の舎弟である美月に「お嬢(八千代)のことが好きなんだろう」と聞かれるとはっきりと「好きですが」と返す場面もあります。

佐藤は真面目で面倒見がよく、ワグナリアのみんなの世話を焼いている常識人ですが、八千代のことになると途端に弱くなってしまいます。

「恋が実らなければバイトを辞める」とまで宣言していますが、果たしてこの先どうなるのでしょうか。
一歩ずつ確実に前進していっている二人の関係が今後も気になります。

エムキャス