銀魂「北斗の拳」パロディまとめ【銀魂】

男性ファンのみならず女性ファンにも絶大な人気の「銀魂」は原作漫画もかなりギリギリなパロディネタが面白いですが、アニメではただでさえギリギリなネタっぷりは更に酷いことになっています。 特にターゲットになりやすいのは同じく週刊少年ジャンプで連載していた作品。 今回は、「銀魂」でパロった「北斗の拳」のネタをまとめました。

人気投票篇では「愛をとりもどせ!」をパロディ

アニメ版では182話~184話のエピソードである人気投票篇。

「銀魂」原作者の空知英秋先生がお妙さんによって殺られ、作風が大幅に変わったためにあたかも「北斗の拳」のような世界観に。

「北斗の拳」の主題歌、「愛をとりもどせ!」をパロっていて、この時に使われたタイトルは「I am shock」となっています。

もちろん、「愛をとりもどせ!」の「youはshock!!」のパロですね。

タイトルロゴも「北斗の拳」テイストに。

野望を止めるべく動き出す新八ですが、なんかもう別人になっちゃってます。

更にスゴイのがこの後に始まるメッチャクチャに作画崩壊したOP。
常に新しい可能性に挑戦し続ける「銀魂」の前衛性は素晴らしいです。

アゴウと化すアゴ美

オカマバー「かまっ娘倶楽部」の従業員であるアゴ美(あずみ)はかぶき町四天王篇において「北斗の拳」の拳王ことラオウをパロディ。

「加魔仙流」伝承者・拳王アゴウを自称し戦いに赴くものの…。

最後に放つ「我が生涯に一片のアゴ無し」もラオウが最後に残す名台詞「我が生涯に一片の悔い無し」のパロとなっています。

シリアスモードなかぶき町四天王篇屈指のギャグシーンですね。

名物モブ、モヒカンも銀魂に!

3億円の当たりクジを手に入れてしまった鬼の副長こと土方十四郎が巻き込まれる騒動を描いた第273話「人間五十年下天のうちをくらぶれば夢宝くじの如くなり」。

3億円の引換券を手に入れてしまった土方はキョドりまくりで周囲のモノが全て敵に見えてきてしまい、そんな幻覚に現れたのがこちらの方々。

銀魂完結編でもこんな人達出てましたね。

ちなみに、幻覚ではなく本当にこんな格好した強盗団に遭遇してしまう土方サン。

肩パットのトゲトゲと言い、テンションの高さと言いかなりヒャッハー!してます。

273話なんかは前半パートだけで「北斗の拳」パロディがいろいろな場面で見られましたが、やはりインパクトで言うと人気投票篇のOPでしょうかね。

他にも細かい所を言うと色々な「北斗の拳」ネタがあり、そのような小ネタを見つけるのもパロディの鬼である「銀魂」の楽しさの1つでしょう。

両作品を知っていれば間違いなく楽しめるであろう「銀魂」の「北斗の拳」パロディまとめでした。

エムキャス