アニメ「監獄学園」は制作J.C.STAFF!スタッフも水島努に神谷浩史と豪華!

週刊ヤングマガジンで好評連載中の人気作「監獄学園(プリズンスクール)」のアニメが2015年夏から放送開始ですが、ついに主要キャストと制作会社が発表となり以前にも増して注目が集まっています。 ここでは今回公開された「監獄学園」のPV、制作スタッフ、主題歌についてまとめました。

制作はJ.C.STAFF

「とある科学の超電磁砲」や「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」など数々のアニメを手がけて来た大手アニメ制作会社であるJ.C.STAFFが「監獄学園」の制作担当に決定した事でアニメファンには驚きが広がっています。

お色気描写も多く、エロさと笑いに彩られた「監獄学園」という作を品をJ.C.STAFFがどのように料理してくれるのか、作画面でも期待できる制作会社なのでセクシーなシーンには是非気合を入れて描いて欲しいですね。

監督は「SHIROBAKO」の水島努さん!

「SHIROBAKO」や「クレヨンしんちゃん」シリーズの映画監督を務めた事で知られる水島努さんが「監獄学園」の監督に決定!

水島努監督のプロフィールや監督作品はこちら「水島努さんが監督した代表作まとめ!」に詳しいですが、最近では名アニメ製造機とも呼ばれる水島努監督と「監獄学園」がクロスする事でどのような化学反応が起きるのか?

ややブラックな笑いの演出には定評のある水島努監督ですから、原作ファンも満足できる作品に仕上げてくれそうですね。

シリーズ構成は横手美智子さん、作画総監督は谷口淳一郎さんとなっており、特に作監の谷口さんと水島努監督は抜群の相性なので今回も2人の連携プレーが非常に楽しみです。

主題歌の作詞はあの大槻ケンヂ

アニメ界との繋がりも深い筋肉少女帯のボーカル・大槻ケンヂさんがOPテーマ「愛のプリズン」の作詞を担当。

かつてはアニメ「NHKにようこそ!」などで自らの歌唱によるぶっ飛んだ主題歌で話題となった大槻ケンヂさんが「監獄学園」にどのような歌を書き下ろしたのか気になります。

唄うは主要キャスト5人からなる監獄男子(神谷浩史、小西克幸、鈴村健一、浪川大輔、興津和幸)、おそらくロックでぶっ壊れ気味のナンバーになるのではないかと予想されています。

プロモーションビデオも公開

キャラが喋って動くPVもついに公開!
かなり気合が入っている作画でありキャストも超豪華。

2015年夏のギャグ枠兼エロ枠でダントツの出来となりそうな、そんな予感がしてきます。

まさかのJ.C.STAFF、そしてまさかの水島努監督の起用にアニメファンは騒然となっていますが、このスタッフならば「監獄学園」のアニメ化も素晴らしい物になりそうな予感がします。

お色気や例の脱糞シーンなど、原作漫画からして観る人を選ぶ作品ではありますが、アニメ化となっても原作の爆発力、勢いはそのままに水島努監督のスパイスで更に面白い作品になることを期待したいですね!

エムキャス