オタクな女性声優といえば誰?アキバ系からロシア、プロレスオタクまで

オタクと言っても世間一般で言われるアニメオタクだけではないです。 普通の(?)アニオタな女性声優は多いですが、ここでは様々なオタクな女性声優についてまとめました。

超高密度のアキバ系!桃井はるこ

モモーイの愛称でファンから親しまれる女性声優、桃井はるこさん。
代表作に「ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて」の主人公、中原小麦や「瀬戸の花嫁」主人公、瀬戸燦などがあります。


元々アイドルやアニメ、漫画などが好きで小学生の頃から秋葉原通いは日常的…と、ここからして普通の声優とは一線を画すガチ度。

高校生の頃には当時わずかに流行していたインターネットの個人ホームページを持つなどパソコン好きとしても知られており、サブカルチャー全般に強いガチすぎるオタク声優として有名です。

オタクであることを積極的に公表し、今に続くオタク系声優の礎となった存在ではないでしょうか?

本当にこんな人がいるのか!?上坂すみれ

芸能界に入ったのは8歳の頃。まだ22歳ですが実は長い芸歴を持つ上坂すみれさん。

上智大学外国語学部ロシア語学科を卒業しており、学業優秀賞受賞という立派な経歴を持つ上坂すみれさんですが、そのロシアオタっぷりはガチ中のガチ。

ロシア文化だけでなくミリタリーオタ、ゴスロリオタとかなり強烈なオタ要素持ってます。

実は彼女の尊敬する女性声優は先ほど紹介した桃井はるこさん。
小学生の時に「ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて」で桃井はるこを知ったことが声優に憧れる最初のきっかけとなったそうです。

サブカルチャーとしての方向性は別ですが、こちらも桃井はるこさんに負けず劣らずの強烈な個性を持ったオタク声優ですね。

最も勢いのあるオタ声優!喜多村英梨

こちらも子役から芸能界にいたために芸歴は長く、ファンからはキタエリの愛称で親しまれる喜多村英梨さん。

幼少時より母親がオタク気質だったためにアニメや漫画には興味があり、そのまま純粋なオタクとして成長した喜多村さんはコミケに一般参加どころかサークル参加までしてしまうガチっぷり。

イラストを描いても非常に上手く、ゲームオタク、アニメオタクなど現代のオタクとして求められる(?)ものはすべて備えたようなハイブリッドなオタクです。


外見的にはどう見ても普通のギャルって感じですがその外見とは裏腹にオタクとしての知識、気質は非常に高い生粋のオタク声優ですね。

声優界きってのプロレスオタク!清水愛

プロレスオタク…とは書きましたが、他にもサバゲーなどのミリタリー、釣りも愛するなど超がつくほどのオタク、清水愛さん。

アニメでは非常に可愛らしい声でロリキャラを演じることが多いですが、そんな声とは反して趣味であるプロレス観戦への熱の入れようは凄まじく…。

ついには自らの肉体を鍛えあげてプロレスラーとしてデビューするという、とんでもない挑戦をぶちあげて本当にプロレスラーとしても活動しちゃってる人です。

水色のストッキングを履いている方が清水愛さん。

動画では披露していませんが、プロレス技としてはそこそこ難易度の高いスープレックス系の技であるフィッシャーマンズスープレックスホールドを得意技にするなど、レスラーとしてもかなり頑張っています。

サバゲー好き、とも書きましたがこんなインタビューまで受けた経験も。

全く声優「清水愛」としての名前は出ておらず、あくまで一般人としてテレビ出演。

まさに趣味人!レスラーとしても活躍する清水愛さんでした。

そんじょそこらの凡人オタクではまるで敵わない知識量と情熱をもって趣味に力を入れるオタクな女性声優さんでした。

いや、ほんとここで紹介したような方々は熱意が半端じゃないです(笑)

エムキャス