銀魂の月詠がカッコいい上にかわいい!胸も大きいナイスバディ【銀魂】

絶賛放送中のアニメ『銀魂』。PTAとBPOを敵に回すスタイルで視聴者をにぎわせています。 そんな『銀魂』に登場する、「死神太夫」と呼ばれる吉原の自警団「百華」の頭、月詠がかわいいと大人気に。 そこで今回は、男女問わず多くのファンが多くついている月詠についてまとめてみました。

1.吉原を守る「死神太夫」

幼い頃に吉原に売られた月詠。

そこで出会った、曇った吉原の中で太陽のように輝く日輪に惹かれ、自ら自警団になることを決意。

吉原から逃げようとする遊女を捕まえては、バレないように「百華」の一員として迎え入れていました。

彼女に救われた命は多くあり、自ら汚れ役を背負うその覚悟に多くの元遊女たちが付き従っています。

顔の傷も女を捨てるために自らつけたもの。
そのカッコいい女の生き様は、まさにカッコいい大人の女です。

2.気遣いができる優しい女性

誰からも頼られる月詠だけに、相手への気遣いは一級品。
自分のことを2番目に回しているその姿勢に、日輪からたびたび注意を受けることも。

特に銀時に対しては、「恩がある」と言い訳をして、自分でも気づかぬうちに近づこうとしています。

その姿を日輪と晴太から優しいまなざしで見守られています。

3.保健体育は知識ばかりな純粋な乙女

遊郭で働いているため、性の知識は一人前。
しかし、実技をしたことがなく、胸を揉まれるといつも恥ずかしがって殴りかかります。

また、バレンタインデーなのに緊張して銀時にチョコレートを渡すことができずにもだえているその姿は、まさに純粋な乙女。

普段のクールな一面とのギャップがたまらなくかわいい!と評判です。

4.酒を飲むと一転、暴力的な性格に

普段はクールで大人な月詠もお酒を飲むと一転、気を許した仲の人であっても暴力をふるいます。

そして酔いがさめた後に後悔して落ち込むのもいつものパターンです。

しかし、月詠の中で殴ってもいい線引きをしているようで、尊敬している日輪には手を出しません。

本当の意味で気を許して、自然体でいられる銀時だからこそ殴りかかっているのかもしれません。

5.月詠のスタイルの良さは銀魂一

身長170cmなのにたいし、体重は52kg。
整った顔立ちに美しいシルエットの体は、多くの男性ファンを生み出していますが、銀時からは「あれで性格さえよければ…」となかなか辛口なコメント。

女性キャラからは嫉妬の眼差しを向けられています。

カッコいい大人の女性として登場したはずの月詠。いつの間にかギャグ兼ツッコミキャラとしての地位を確立してしまっていました。

しかし、そこにキセルを吹かすクールな大人キャラとのギャップが生まれるため、多くのファンがいるのかもしれません。

エムキャス