山梨県出身の声優まとめ。井上真樹夫さんから三澤紗千香さんまで

山形県にはアニメ声優業界を引っ張っている大御所の男性声優がたくさんいます。 また、男性声優のみならず、女性声優も多くおり、山形県は幅広い世代の声優を輩出している県の一つです。

1.井上真樹夫さん

井上真樹夫さんは青二プロダクション所属しています。アニメ『ルパン三世』シリーズでの石川五ェ門役、『巨人の星』の花形満役などクール・優秀なライバル役を多数演じました。

またメインキャラクターとしては今でも根強いファンも多い『宇宙海賊キャプテンハーロック』のハーロック役を熱演しました。

アニメ声優の他に俳優・洋画吹き替えでも活躍。現在は作詞、作詩活動に重点を置いています。(日本作詞家協会所属)

2.銀河万丈さん

銀河万丈さんは山梨県甲府市出身。青二プロダクションに所属。1982年にデビュー時の本名「田中崇」を「銀河万丈」に改名しました。

重みがある悪役を演じることを得意としていて、代表作は「メタルギアソリッドシリーズ」でのリキッド・スネーク役、『機動戦士ガンダム』でのギレン・ザビ役、『装甲騎兵ボトムズ』でのロッチナ役などです。

アニメ声優の他に俳優・海外ドラマ・洋画吹き替え・CMナレーションにも起用されることが多い声優さんです。

3.斉藤壮馬さん

斉藤壮馬さんは第2回81オーディションに合格して、81プロデュースに所属しました。2015年第九回声優アワード新人男優賞を受賞など、輝かしい功績を残している声優さんです。

2014年『アカメが斬る!』でのメインキャラクター・タツミ役以降、テレビ・劇場アニメ作品・ゲームにおけるメインキャラクターでの起用が多くなっており、将来を嘱望されています。

4.高森奈津美さん

高森奈津美さんは山梨県甲府市出身。プロ・フィットに所属しており、声優になる前は東日本旅客鉄道(JR東日本)での勤務経験があります。

プロ・フィット声優養成所で腕を磨き、2009年TVアニメ『WHITE ALBUM』の桜団役で声優デビューしました。

その後はテレビ・劇場アニメ作品・ゲーム作品でのメインキャラクター役を演じて、人気声優の仲間入りをしています。

5.三澤紗千香さん

三澤紗千香さんはスペースクラフト・エンタテインメント所属。2009年「KADOKAWA×UP-FRONT STYLE アイドル☆声優オーディション 2008」において1500人の応募者からグランプリを獲得、TVアニメ『シャングリ・ラ』の蒲郡由里役で声優デビューを果たしました。

テレビ・劇場アニメ作品・ゲームでのメインキャラクター役として活躍。また歌手としてシングル・アルバムCDの発表、ライブ公演、アニメ作品のタイアップ作品など華々しく活動中です。

往年のファンにとって懐かしい井上真樹夫さんは山梨県出身だったのかと驚かれた方もいるのではにでしょうか。経験を積みながら主役キャラを勝ち取る、厳しい競争を勝ち抜いていかねばならないのはどの業界も同じです。

一方で新しい人材が登場してくるのを見守る楽しさもあります。今後も山梨県出身の声優さんの活躍を楽しみにしたいですね。他にも山梨県出身の声優さんは大勢の方が活躍中です。

エムキャス