「食戟のソーマ」の女の子がエロくてかわいい!料理だけじゃないアニメ!

週刊少年ジャンプで現在も連載中の人気料理漫画「食戟のソーマ」が2015年春よりアニメ化しており、従来のファン以外にも新たなファンがその面白さを知り「食戟のソーマ」愛好家となっているようです。 アニメ化にあたり料理描写が非常に良いと各所で絶賛されていますが、それ以上に話題となっているのが料理を食べた時のセクシーなリアクション。 思わずニヤっとしてしまう、アニメ「食戟のソーマ」のここまでのエロい描写をまとめました。

1話冒頭からエロボイス

大衆食堂の「食事処 ゆきひら」を営む幸平城一郎とその息子の幸平創真は毎日のように料理勝負を繰り広げています。

凄腕料理人・城一郎と修行中の創真の今回のテーマは炒飯対決。
結果的に城一郎の489連勝となるのですが、審査役となった創真の同級生・倉瀬真由美のこの表情はなかなかにエロいです。

その直後に創真に食べさせられるのが「炙りゲソのピーナッツバター和え」。

創真は別に嫌がらせで食べさせたワケではないのですが、それは劇物と言っても差し支えないほどの禍々しいオーラを放った一品でした…。

この2つの食事シーンで視聴者の、特に若い男性諸氏の心をガッチリと鷲掴みにしたのではないでしょうか?

地上げ屋のおねえさんも上の口は正直だった

「食事処 ゆきひら」の持つ土地を狙いやってきた地上げ屋の峰ヶ崎八重子。
父親不在を狙って店に散々嫌がらせをして、更に肉料理が食べたいと宣うなどやりたい放題に暴れます。

肝心の肉は八重子の部下によって全てダメにされていたのですが、創真は得意のアイディア料理で地上げ屋さんを屈服させ、全てを丸く収めたのでした。

このシーン、料理を食べて喜びに打ち震えるおねえさんばかりか部下のオッサン連中まで裸になっているので嬉しさ半減です(笑)

「神の舌」を持つ薙切えりなお嬢様も…?

一流料理人を目指す者が集う超名門料理学校・遠月茶寮料理學園に編入するために創真が課された条件は薙切えりなを納得させる卵料理を作ること。

他の受験者はその条件を知った瞬間に脱兎のごとく逃げ出しましたが、まるで物怖じしない創真が出した卵料理はふりかけごはんというシンプルなものでした。

全くショボイ料理であったために呆れ果てるえりな様ですが、創真が技巧を凝らしたこの料理でえりな様はノックアウト寸前。
陥落か…と思わせたその時、えりな様のプライドが勝ってしまったために創真は不合格を言い渡されてしまうのでした。

田所恵、創真特製のブッフ・ブルギニョンの前に即落ち

学園総帥の手引で入学できた創真は田所恵と組んで最初の調理実習に挑みます。

フランス料理のブッフ・ブルギニョン(牛肉の煮込み ブルゴーニュ風)を作る2人ですが、思わぬアクシデントに遭遇するなど普通に作ったのではとても間に合わない、と言う展開に。

そこで、機転を利かせた創真のはちみつを使用したブッフ・ブルギニョンでなんとか場を切り抜け、それを食べた恵も当然のように即落ちするのでした。

ちなみに、この後に創真の邪悪な新作料理である「スルメのハチミツ漬け」を食べた時にはこんなリアクション。

どこまでいっても楽しませてくれるアニメです。

男性キャラ、女性キャラ問わず裸になって喜び悶えるその姿は嬉しかったり、嬉しくなかったり色々な感情を抱いてしまいます(笑)

深夜帯ということもあって漫画よりもエロく、声優さんの演技がより臨場感を与えてくれるのはやはり良いですね。

今回の記事で「食戟のソーマ」が気になりましたら、是非その目でオーバーリアクションとエロい演技をご覧になってください。

エムキャス