アニメと鉄道会社のコラボ!「暗殺教室」や「弱虫ペダル」など

今や珍しい事ではなくなった鉄道会社とアニメのコラボレーション。 ラッピング車両や限定グッズの販売など様々な企画で我々を楽しませてくれるこの動きは更に加速しているように感じられます。 関東で言えば西武鉄道は昔からコラボレーションの雄として君臨しており、手塚治虫の「ジャングル大帝」をモチーフにしたレオライナーなど昔から現在までラッピング車両がとても多いです。 今回は、そんな西武鉄道をはじめとした日本全国様々な鉄道会社とアニメのコラボレーションを紹介していきます。

暗殺教室☓西武鉄道

「暗殺教室」の主役キャラ、殺せんせーがペイントされた西武鉄道とのコラボ列車は2015年4月現在も運行中。

黄色い車体が特徴的な西武池袋線と黄色い身体が特徴の殺せんせーがうまい具合に融合しており、車体正面に描かれた殺せんせーの顔は愛嬌を感じさせます。

車体側面にも様々な殺せんせーが描かれており、「暗殺教室」のファンならずとも一度は見てみたくなるラッピング車両ですね。

銀河鉄道999☓西武鉄道

2009年から2014年まで、5年間にわたって西武鉄道で使用されていたのが「銀河鉄道999」とのコラボを果たした「銀河鉄道999デザイン電車」。

こちらも車両全体に描かれたメーテル、また別のバージョンでは車掌さんの姿がとても印象的…特にメーテルは生首車両として一部で話題となりました(笑)

「銀河鉄道999」に登場する銀河超特急999号と言えば旧型のSLを模した列車でしたが、そのような常識に囚われず大胆なデザインで我々の度肝を抜いたこのコラボはずっと記憶に残っていく事でしょう。

弱虫ペダル☓伊豆箱根鉄道

「弱虫ペダル」と伊豆箱根鉄道のコラボレーションは今まさに始まったばかり。

4月18日〜9月末頃まで運行が予定されるこちらのコラボ列車は「弱虫ペダル」インターハイ編の舞台ともなった箱根の聖地巡礼にも持ってこいです。

夏季には「劇場版 弱虫ペダル」の公開も予定されており、2015年夏に向けて更に熱さを持ちそうな「弱虫ペダル」ですね!

機動戦士ガンダムUC☓南海電鉄

真っ赤なボディが超印象的!

「機動戦士ガンダムUC」と南海電鉄のコラボ列車は作中に登場する「赤い彗星の再来」ことフル・フロンタルとその愛機シナンジュをモチーフにした「ネオ・ジオンバージョン」となっています。
元になった特急ラピートはブルーの車両ですが、このように真っ赤になったラピートを見て驚いた方は多かったそうです。

運行期間は2014年の4月末〜6月末と大変短い期間でしたが、小さいながらあしらわれるネオ・ジオンの紋章など、ところどころに「ガンダム」シリーズの息吹を感じる事ができた大好評のコラボレーションでした。

中二病でも恋がしたい!☓京阪電気鉄道

「けいおん!」とのコラボが話題となった京阪電気鉄道が新たに企画した「中二病でも恋がしたい!」のラッピング車両も現在運行中。
外見も派手ですが内装にもこだわりが見られ、ファンならば100%満足できる素晴らしいコラボレーションと言えそうです。

2015年3月末までの運行予定でしたが、好評のため予定を延長して2015年9月中旬まで運行するとの情報なので、もうしばらくはこちらのラッピング車両を楽しむことができます。

かつては「ちはやふる」などのラッピング車両も走らせていた京阪電気鉄道はこれからも色々なコラボ企画で楽しませてくれるでしょう。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。☓千葉都市モノレール

千葉を舞台に描かれる「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」通称「俺ガイル」は千葉を走る千葉モノレールとコラボ。

こちらはまだ正式運行はしていませんが、2015年5月2日(土曜日)からラッピング車両が走るとのことで今から非常に楽しみです。

元々千葉ネタは多いアニメでしたが、ファンならばこのコラボ企画で聖地巡礼と洒落こんでみてはいかがでしょうか?

2015年現在、色々なコラボ列車が日本中あらゆる所で走っていますが、中でも西武鉄道、京阪電気鉄道のコラボ列車は気合が入っています。

と言うか、実は今回紹介した中では「弱虫ペダル」の伊豆箱根鉄道も実は西武グループであり、アニメとのコラボレーションに本当に積極的な企業ですね。

ラッピング車両だけでなく、スタンプラリーや特別乗車券の販売など、あの手この手で我々を揺さぶるコラボ鉄道にはこれからも注目です!

エムキャス