七海春歌が天然だけど自分の意思を持っていてかわいい【うたの☆プリンスさまっ♪】

『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズは、PSP用に開発された女性向け恋愛アドベンチャー・ゲームです。 2011年からテレビアニメの放送が開始され、2013年の2期に続いて2015年4月には3期の放送が開始されました。原作が恋愛ゲームですから、主人公は当然女の子。 ゲームもアニメも全編を通じて「七海春歌」というヒロインが抜擢されています。素敵なイケメンのプリンスたちに愛される美味しい役割ですが、プリンスたちだけでなくファンからも共感される魅力的なヒロインです。

1.七海春歌のプロフィール

長野県安曇野出身の春ちゃんの得意な楽器はピアノ。ちなみに出身地はアニメ版のみの設定です。

身長は157cm、体重45kg。BMI18.3。アニメ1期では15歳でしたが、2期では17歳とちょっぴり大人に成長して登場します。

2.アイドルに出会って人生が変わる

七海春歌は幼い頃体が弱く、環境のいい田舎で祖母と一緒に暮らしていました。しかしある日、アイドルの「HAYATO」に出会ってから人生が大きく変わります。

春歌は憧れの「HAYATO」に少しでも近づくため、作曲家を志して早乙女学園に入学します。

3.天然だけれど自分の意見を曲げない面も

控えめで目立たない大人しい性格。田舎で純粋に育ったためか、ちょっと天然なところも。

しかし基本的には朗らかで、自分の意見を曲げない、たくましい部分もあります。春歌が思い切って早乙女学園に入学したのも、恥ずかしがり屋な自分を変えるためでした。

4.アニメ1期~3期で成長

1期ではアイドルに憧れて作曲家を志望するなど、まだまだ幼い部分のある15歳の少女でした。しかし2期では17歳になり、新人作曲家として活躍しています。ST☆RISHのメンバー全員の歌声を完璧に理解して、その才能を引き出すまでに成長しました。

5.ゲームとアニメとでの七海春歌の違い

ゲームでは家庭環境が語られていませんでしたが、アニメでは祖母が居る設定が明かされています。

また、アニメでは学園に入学するまでは楽譜が読めず、作曲もしたことがありませんでしたが、ゲームでは入学前からピアノに堪能で、作曲もしていました。

乙女ゲームのヒロインには、ユーザーが自分を投影しやすいように、あえて特徴のない性格のキャラにするという風潮もあります。

しかし、春歌は自分の意思を持った芯の強い女性として描かれています。

純粋で危なっかしく、恋愛に奥手で周囲をハラハラさせるところがありながら、礼儀正しく折り目正しい大人な部分もある―。そんな欠点も美点も持ち合わせているところが、春歌というヒロインが女性たちから支持される理由となっているのでしょう。

エムキャス