アイズ・ヴァレンシュタインがかわいい!強くて美人とか最高すぎ【ダンまち】

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』において、自分たちが逃したミノタウロスに主人公ベルが襲われているのを助けたアイズ・ヴァレンシュタインアイズ・ヴァレンシュタイン。 主人公の憧れの存在として登場していますが、その不思議な雰囲気にベルだけでなく視聴者も惹かれました。 今回はそんなかわいい女の子の剣士、アイズ・ヴァレンシュタインのかわいさについてまとめました。

1.口下手で落ち着いた女の子

地下ダンジョンでベルを助けた時も、あまり言葉を交わさなかったほど物静かなアイズ。

そのしゃべらないことによる神秘的な雰囲気と美しい金髪などの美貌によって、実は多くのファンを持っています。

ベルが初対面で惚れるのも納得のいくかわいさです。

2.剣姫と称される強者

美しい見た目とは裏腹に、剣技の腕は一級品のアイズ。強豪のファミリア「ロキ・ファミリア」の中でも主力メンバーとして活躍しています。

また、その強さと美しさから「剣姫」と呼ばれ、尊敬と恐怖の視線が向けられています。

3.仲間想いなところも

感情を表に出すことの少ないアイズ。一見冷たい印象を受けてしまいがちですが、ファミリアの仲間が危ない状態であれば急いで駆け付けるなど、良くしてくれている仲間の事をちゃんと大切に思っています。

また、危険な目にあっているベルを助けるなど、心の底は優しい女の子です。そんなところもかわいいですね。

4.強さへの気持ち

16歳という若さながら、強豪の「ロキ・ファミリア」にて活躍するアイズ。常に強くなることを念頭に置いており、暇があればダンジョンに出かけようとします。

また、露天が並んでいれば足を止めるのは必ず武器屋であったりと、女の子らしからぬ言動もまた可愛らしいと言われています。

5.女の子らしい一面もかわいい

いくら「剣姫」と呼ばれるといっても、やはりまだ16歳の女の子。表現に乏しい顔の裏には、ミノタウロスにベルを襲わせてしまったことを謝りたいという女の子らしい一面もあります。

それでもやっぱり、ロキに「もっと女の子っぽくなってほしい」と言われるくらいには女の子らしくないアイズ。
そんなぶっきらぼうなところもかわいいと言われています。

「ロキ・ファミリア」の最強剣士であるアイズ。かわいい容姿からは想像もつかない強さで人気を博しています。

まだまだアニメ放送が始まったばかりで出番の少ないアイズ。これからもっと活躍して、アイズのかわいい場面が見られることと思います。

また、ベルとの関係もまだ全く築けていないので、アイズの活躍シーンと合わせて注目してみてはいかがでしょうか。

エムキャス