タラちゃん(フグ田タラオ)はかわいいけどずる賢い?プライドが高い一面も【サザエさん】

タラちゃんは国民的長寿アニメ「サザエさん」の登場人物として、余りにも有名なキャラクターです。 サザエさんとマス夫さんの間に生まれた一人息子で、カツオやワカメの弟分的存在です。 無邪気で愛らしいイメージがありますが、時々大人びたこと言ったり、妙にいい子ぶったりする面が出てきて意外に思う時もありますね。 タラちゃんの愛称で皆から可愛がられているタラちゃんの特徴や性格についてまとめました。

1.タラちゃんの年齢と性格は?

フグ田タラオの年齢は3歳。

愛称はタラちゃん、物分りも良く両親の言うことをよく聞く素直な子という印象ですが、3歳児にしては言葉遣いが「です、ます」なので、冷静に考えると丁寧すぎるでしょうか?

時たま大人びた所を見せ、時にカツオをやり込める事があります。

2.赤ちゃんコンクールで2等賞受賞の輝かしい(?)実績

タラちゃんが赤ちゃんの頃はセリフはまだありませんでした。

赤ちゃんコンクールの話とは、赤ん坊コンクール会場でサザエさんがタラちゃんを参加させるのですが、健康かどうか医者の診断で競うものでした。

サザエさんは裸にしたタラちゃんを医者に診せ、医者はタラオに聴診器を充て、その後2等賞と書かれた賞状を渡します。

ルンルンでサザエさんはタラちゃんを抱いたまま帰路の電車に乗って気づくのです。

タラちゃんをまだ裸のままにしていたことを…。

3.タラちゃんは無駄にプライドが高い?

3歳児のわりには自尊心が異常に高いところがあります。

タラちゃんはまだ小さいからねーなどと周りの大人から言われると、「僕は赤ちゃんじゃないですぅ」などとすねて見せます。

弟分的存在のイクラちゃんやガールフレンドのリカちゃんの前では特に背伸びをする傾向があります。

4.タラちゃんの好きな食べ物

タラオの好物はエビフライとコロッケ、鶏の唐揚げです。
一番好きなものを最後に食べるという嗜好があります。

お菓子をもらってもすぐに食いつかず、「おやつの時間に食べるですぅ」と言って3時のおやつまで待ちます。

3歳児なのにとても分別のあるところを見せるなど、やはり大人びてます。

5.実はずるがしこい面も?

サザエさん初期のころはタラちゃんも結構やんちゃなところがあり、言葉遣いも馬鹿丁寧ではありませんでした。

しかし90年代の放送から言葉遣いがやたら丁寧になり、それが子供らしくなく時にイラっとさせてくれます。

磯野家の人々はタラちゃんはいい子、カツオはいたずら小僧と決めつけているので、タラちゃんが何か問題を起こしてもほとんどカツオのせいにされてしまいます。

タラちゃんがずる賢いというより、カツオがただただ不憫です…。

サザエさんが放映された時代によって、タラちゃんはいくつもの表情を見せるようです。

初期のころは言葉も乱暴で、感情を爆発させる時もよくあり、ある意味では最も子供らしかったと言うか、年齢相応だった時代です。

90年代以降はすっかり「です、ます」調で統一されていて、昔から「サザエさん」を観ている人でも「タラちゃんは昔からこんなんだった」と勘違いしてしまう人も多いそうです。

大人たちは表面の丁寧な言葉と物わかりのいい態度にころっと騙されていますから、ある意味では磯野家最強のキャラクターと言えるかもしれませんね。

エムキャス