BLEACH強いキャラクター順ランキング

東京にある架空の町「空座町」を舞台にした「BLEACH」。死神となった黒崎一護が仲間たちと悪霊「虚」を相手に激しい戦いを繰り広げるだけあって、手強いキャラクターが次々と現れます。 その強さの優劣は新しい展開を迎えるたびに入れ替わり、順位は変動していきます。また一度は負けたかに思われたキャラクターでさえ、覚醒により強大さを増して生まれ変わるので、さらに予測不能に。 そこで今回は数多くのキャラクターの中から特に強い者たちを選び抜き、強さのランキングを付けてみました。

1位:無月一護

BLEACHにおいて強さの点でまず挙げるのは無月一護です。ルキアから譲られた死神の力を一度は消されたものの、修行によって自分自身の死神の力を手に入れました。

そんな無月一護は崩玉覚醒を果たした藍染以上の強さを持っています。特に無月は地面でさえ割れるほど強力な技です。また右手にある刀状の霊圧は覚醒した藍染でも感じ取ることは不可能でした。

2位:藍染惣右介

ほぼ単独の力でウェコムンドの乗っ取りを行った藍染惣右介もまた強大な力を持っています。鏡花水月を使い、その完全催眠の能力で、隊長格の相手であっても一瞬のうちに倒してしまいます。

ソウルソサエティと全面戦争で対峙し、最凶最悪の敵のひとりであることは間違いありません。

3位:山本元柳斎重國

山本元柳斎重國の強さは誰もが認めるところでしょう。怒りによって山本元柳斎重國が発した霊圧を受けた死神は席官クラスであっても呼吸困難に陥り、動く事すらできなくなりました。

現世では魂魄を保護し、尸魂界の護衛や、虚の退治などを任務とする護廷十三隊の創設者でもあります。

4位:二枚屋王悦

尸魂界の開闢以降、すべての死神の「己の斬魄刀」の原型である「浅打」を創った二枚屋王悦もまた、強さという面では群を抜いています。

霊王宮に侵攻してきたユーハバッハたちと戦い、数多の強敵を鞘伏で倒し、致命傷を与えています。

5位:ユーハバッハ

クインシーの始祖であるユーハバッハ最強説は「陛下」と呼ばれる存在であることからも窺えます。

クインシーに力を与えることが出来るのはユーハバッハのみであり、すべてのクインシーにユーハバッハの血が流れています。それゆえ対立勢力の頂点の座に就いているのです。

高校生でありながら死神となり、人間達の世界である現世を守護するためにバトルを繰り広げる黒崎一護。

彼を主人公として、味方にも敵にも強く、魅力的なキャラクターがこれでもかと言うくらい現れます。

その戦い方も多岐に渡っていて、戦闘の行方をハラハラして見守っていたらいつの間にか引き込まれてしまっています。

敵対する勢力に恐ろしいほどの強さを秘めたキャラクターがいてこそ、バトルの迫力が鬼気迫るものとなります。また、物語が進行するにつれてさまざまな謎や陰謀が露わになり、それが新たな戦いへ繋がっていきます。

一度は敗れたキャラクターであっても、戦いの中で変化を遂げ、力を身に付ければ優劣は逆転することもあり、このように先の展開が全く読めないのもBLEACHの特徴です。

エムキャス